東京駅「東京ギフトパレット」にあんバタースイーツ専門店『岡田謹製 あんバタ屋』が誕生!

東京駅「東京ギフトパレット」にあんバタースイーツ専門店『岡田謹製 あんバタ屋』が誕生!

食楽web

 JR東京駅の八重洲北口・東京駅一番街に誕生した最新スポット「東京ギフトパレット」にて、スイーツショップ『岡田謹製 あんバタ屋』が同時にオープンを果たしました。

 “懐かしいけど新しいあんバタスイーツ”をコンセプトに、北海道産小豆「えりも小豆」を使用したこだわりのあんと濃厚なバターを組み合わせた2種類のスイーツ「あんバタフィナンシェ」と「あんバタパン」が、新たな東京みやげとして大きな注目と人気を集めています。

「あんバタフィナンシェ」

6個入 1620円

6個入 1620円

「あんバタフィナンシェ」はお店特製の小豆あんとバターを生地に混ぜ込み、低温で香ばしく焼き上げたフィナンシェ。優しい甘さの小豆あんと、バターの風味が心地よく香る生地のしっとり柔らかな食感を楽しめます。パッケージは個包装になっており、食べやすい上に保存も利くなど、お土産として最適の一品です。

「あんバタパン」

1個 303円、6個入 1815円

1個 303円、6個入 1815円

「あんバタパン」は薄皮のパン生地に特製小豆あんとバターがみっちりと詰まった一品。バターの濃厚な味わいとほのかな塩味が小豆あんの甘さをさらに際立たせ、柔らかなパンの食感、あんとバターが一体となることで絶妙な美味しさが生まれます。

 こちらは6個入の他、1個からの購入も可能。お土産用と合わせて単品も購入して、一足先に味見をしておく…というのもアリですよ(笑)。

 お土産用としてはもちろん、自分用のおやつとしても文句なしに楽しめる『岡田謹製 あんバタ屋』のスイーツ。お仕事帰りや休日に東京駅へお寄りの際は、お店のチェックをぜひお忘れなく!

●DATA

『岡田謹製 あんバタ屋』東京ギフトパレット店

住:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲口北口 東京駅一番街内
営:10:00〜20:00
https://anbataya.jp/
※価格は全て税込

関連記事(外部サイト)