テレビでも話題沸騰! フェイクミートを使った「牛丼」が数量限定で販売決定!

テレビでも話題沸騰! フェイクミートを使った「牛丼」が数量限定で販売決定!

食楽web

 TBSテレビ「ガッチリマンデー」で取り上げられ、今話題沸騰中のフェイクミート(代替肉)。その製造元である『ネクストミーツ』が商品化した世界初の「焼肉用フェイクミート」は脂質が通常の半分以下、タンパク質が2倍も入った栄養価の高いものになっています。

 そんな『ネクストミーツ』が次に作ったのが、レトルト牛丼「ネクスト牛丼1.2」です。9月28日から販売する予定ですが、即日完売も予想される“次世代の牛丼”ですので、今からチェックしておきましょう!

完全植物性の牛丼「ネクスト牛丼1.2」とは?

 見た目は限りなく牛肉に近く、言われなければ気が付かないレベルです。味付けは甘辛でご飯が進む味で、食感は本物の牛肉のように程よい弾力があり、繊維も感じられます。プラントベースフードに馴染みのある人も、この再現度の高さには舌を巻くことでしょう。

 動物性の食材は一切使用せず、 無添加だけで作られているので、 地球環境にも身体にも優しいのが特徴です。しかも脂質は抑えめで、タンパク質は豊富! 低糖質ダイエット中に食べても罪悪感なしの牛丼なのです。

 温め方は冷凍のまま5分湯煎すればOK。もしくは、自然解凍後に鍋で煮ると、より植物肉に味が染み込み、美味しくいただけますよ。ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

●DATA

ネクストミーツ

https://nextmeats.co.jp/

関連記事(外部サイト)

×