進化系肉詰めピーマン!? 新橋のメキシカンで出会った絶品の伝統料理「チレスエンノガダ」とは?

進化系肉詰めピーマン!? 新橋のメキシカンで出会った絶品の伝統料理「チレスエンノガーダ」とは?

食楽web

 ある夜、友人のSくんと食事の約束をしていました。さてどこで何を食べるかな? と考えていたところ、「メキシコ料理店の人と知り合ったので行きませんか?」とSくん。ちゃんとしたメキシカンは何年も食べてないし、Sくんの「知り合いの店」は例外なくいい店なのです。ということで、訪れたのが新橋にあるメキシコ料理店『ドンブランコ』でした。

1996年創業。メキシカンな内装に、やや暗めの照明が雰囲気よし

1996年創業。メキシカンな内装に、やや暗めの照明が雰囲気よし

 JR烏丸口から繁華街を歩くこと3分。飲み屋がひしめく通りのビル3階に『ドンブランコ』はありました。扉を開けると、Sくんが知り合ったマッシュルームカットの女性スタッフ・渕上さんがお出迎え。素敵な店の雰囲気もさることながら、ここで「チレスエンノガダ」という衝撃的な料理と出会ったのです。

メキシコの伝統料理「チレスエンノガダ」って何?

赤・白・緑でメキシコの国旗を表しています

赤・白・緑でメキシコの国旗を表しています

 奥の席に着き、「何かおすすめのお料理ってあります?」と尋ねると、「この時期しか食べられない特別なお料理があるんですよ」と渕上さん。それが、“ポプラノ”という辛くない唐辛子に挽肉を詰め、ソースをかけた「チレスエンノガダ」(スペイン語でクルミの木)という料理でした。

 メキシコでは、スペインの植民地支配から独立宣言を行った9月16日を「独立記念日」としていて、お祝いムードのなか、家族でこの郷土料理を食べるんだそう。記念日の時期にはメキシコ中のレストランにも並ぶ、まさに国民的な伝統料理。でも、日本で食べられる店はほとんど見当たらないのだとか……。これは、期待値が上がらざるを得ません!

「コロガリータ」1000円(税込)

「コロガリータ」1000円(税抜)

 ビールが大好きな筆者は料理を待っている間、食前酒としてコロナとフローズンマルガリータのカクテル「コロガリータ」を注文。コロナビールのボトルを引き上げ、マルガリータに少しずつ混ぜながらメキシカンな一杯を堪能していると、いよいよ「チレスエンノガダ」が運ばれてきました。

「チレスエンノガダ」1600円(税込)

「チレスエンノガダ」1600円(税抜)

 白いソースにトッピングされたザクロの実とパクチーがアクセントになっていて、クリスマスのテーブルに並べたいようなビジュアル! これまでメキシカンに対して抱いてきたワイルドなイメージが、いい意味で覆された瞬間でした。

クルミのソースが絶品&食感が楽しい!

まったりとしたクルミのソースに、ザクロの甘酸っぱさが好相性

まったりとしたクルミのソースに、ザクロの甘酸っぱさが好相性

 口に入れると、まずソースの濃厚な味わいが広がります。ミルクとチーズのコク、ふわっと漂うクルミの香りが印象的。「お皿を片付けようとすると、まだソースが残っているから、ちょっと待って! と皆さんおっしゃるんですよ」(渕上さん)。わかります! 最後のひとすくいまで味わい尽くしたいほどの美味しさですから。

ソースを除くと、まるで肉詰めピーマン!

ソースを除くと、まるで肉詰めピーマン!

 日本ではポプラノ(唐辛子)が手に入らないので、こちらではピーマンで代用しているそうです。ソースを除けば、まるでピーマンの肉詰め! これに衣をつけて揚げ、クルミのソースがかかっています。

大きめに砕いたアーモンド、ぷちぷちっとしたザクロの食感も楽しい

大きめに砕いたアーモンド、ぷちぷちっとしたザクロの食感も楽しい

 中身は「ピカディージョ」といって、挽肉、果物、クラッシュアーモンドを炒めたもの。リンゴやモモ、干しブドウが入っているので、ほんのり甘みを感じます。シナモンやクローブなど、スパイスも数種類入っているのがわかりますが、辛くはありません。複雑だけど優しくて、懐かしさすら感じさせる味わい。こんな料理があったなんて…至福の味をすっかり堪能しました。

メキシカンクラフトビールとの相性も抜群

「NEGRA MODELO」900円(税込)

「NEGRA MODELO」900円(税込)

 料理を堪能しながら「NEGRA MODELO」(ネグラモデロ)というすっきりめの黒ビールをいただきました。このまったりとした料理にピルスナーだと、水のようにしか感じられないかもしれません。これなら適度なロースト感とさっぱり感で、相性バッチリでした!

 ちなみにこちらのお店は、テキーラの名店で、常時100種類以上の銘柄があります。ぜひ、テキーラのカクテルや飲み比べも楽しんでみるといいですよ。

「サモ・ハン加奈子」こと渕上加奈子さん(左)と、穏やかな社長・佐々木浩史さん(右)

スタッフの渕上加奈子さん(左)と、穏やかな社長・佐々木浩史さん(右)

 見た目よし、味よし、香りよしの「チレスエンノガダ」に五感が満たされ、幸福感に包まれたひととき。まさか、こんなお料理に出逢えるなんて、ほんの数時間前まで想像もしていませんでした。このお料理が食べられるのは、ザクロが市場に出る時期だけ。10月末までの季節限定メニューなので、ぜひ味わいに訪れてみてください。

(撮影・文◎雨宮あかり)

●SHOP INFO

メキシコ料理 ドンブランコ 店内

店名:メキシコ料理 ドンブランコ

住:東京都港区新橋3-18-7 桃山ビル3階
TEL:03-5401-2466
営:11:30〜15:30、17:00〜23:30(L.O.30分前)
休:年末年始

関連記事(外部サイト)

×