昭和のデカ盛り1kg! 御茶ノ水『キッチンカロリー』の「カロリー焼き」を食べてきた

昭和のデカ盛り1kg! 御茶ノ水『キッチンカロリー』の「カロリー焼き」を食べてきた

食楽web

 1954年開店、つまり昭和29年からずーっと、明大生や御茶ノ水で暮らす人たち、地元サラリーマンのお腹を満たしてきた『キッチンカロリー』。店の看板メニューはその名も「カロリー焼き」。鉄板で出される熱々のお肉は、今もずっとランチタイムの人気メニューです。

 その『キッチンカロリー』に「メガ盛り」なるメニューがあると聞き、御茶ノ水駅からすぐの場所にある店へ。楽器屋を曲がったところ、またはニコライ堂の斜め後ろ? 御茶ノ水駅が工事中なので、改札から店までが通常より近くなってます。

店頭に貼られた写真入りメニュー。キッチンカロリーで1000円越えの値段はさすがメガ盛り

店頭に貼られた写真入りメニュー。キッチンカロリーで1000円越えの値段はさすがメガ盛り

 店の前には写真付きのメニューが。1番はやはりカロリー焼き、そして、クリームコロッケや唐揚げなど、カロリー焼きプラスアルファのメニューが並ぶ中、発見。「メガ盛り」は、カロリー焼き、ハンバーグ、大エビフライ、カラアゲがセットになったもの。カロリー焼きだけでメガ盛りってことじゃない。キッチンカロリーの人気料理を1つの鉄板プレートで味わえる、ということですね。

 そういえば、『キッチンカロリー』に来たら、カロリー焼きばっかり頼んでいたので、ハンバーグやエビフライやら、他の料理を食べたことがないかも。大エビフライ、どれぐらい大きいの? などワクワクしながら券売機で12番「メガ盛り」をポチッ。店内に入り、お店の人に渡します。

「メガ盛り」1150円。ライス・スープ付き、そしてライス大盛り無料!

「メガ盛り」1150円。ライス・スープ付き、そしてライス大盛り無料!

 手前にカウンター、奥にテーブル席がある細長い店内、キッチンからは肉を焼く音、フライをあげる音などが聞こえてきます。そういえば、カロリー焼きって、そもそも何? 食べたことがある人はわかっても、食べたことがない人にはわからない料理、それがカロリー焼き。ということで、おそらく一番ベテランのお店の人に聞くと「先代が考案した、ハンガリア料理なんですよ」。えっ? ハンガリア料理?

 と言っても、醤油、ニンニク、牛バラ肉、玉ねぎを炒めたのがカロリー焼き。めちゃめちゃ日本です。先代がハンガリア料理を元に考案したのかな? オリジナルは醤油じゃなくて違うソースなんだろうなぁ。自分で作れそうで作れない、そして食べたいと思うと無性に食べたくなる、それがキッチンカロリーのカロリー焼きです。

奥行き14cm、幅25cmの鉄板にオカズ4種が集合。付け合わせはコーン。そして下に敷いたパスタ!

奥行き14cm、幅25cmの鉄板にオカズ4種が集合。付け合わせはコーン。そして下に敷いたパスタ!

 食べる前にまずは計測。メガ盛りは530g、ライス大盛りが315g、そしてスープが159g(器、鉄板の重さを除く)。トータル1004g。ほぼ1kg。このボリュームなら、腹ペコの学生やサラリーマンは余裕で完食できるかも。ちなみにゴハン大盛りは無料サービスですが、さらにゴハンが欲しい場合、お代わりは+140円です。

高さは約7cm。と言っても木の皿と鉄板の厚みで実質5cmぐらい? 大盛りライスの方は高さ約9cm

高さは約7cm。と言っても木の皿と鉄板の厚みで実質5cmぐらい? 大盛りライスの方は高さ約9cm

 まずはカロリー焼きから一口。牛肉の旨みはもちろん、鉄板ならではの香ばしさ、しっかりした味付けはゴハンが進む美味しさです。次にハンバーグ。こっちもしっかり両面が焼けていて、外は香ばしく中はムッチリ。肉肉しい、みんな大好きなハンバーグの味です。

 そして今度は一番上に乗っているエビフライ。大エビフライと言うだけあって、他のオカズに負けない存在感。タルタルソースもたっぷりかかっていて、レモンを絞ればさらに爽やか。醤油味のカロリー焼き、肉ムッチリのハンバーグときて、タルタルソースのエビフライは揚げ物なのにスッキリ感。さらにカラアゲで、どんどんテンションが上がっていきます。食べていて楽しい〜!

カロリー焼きを持ち上げると下のパスタ登場。カリッとモチっと、いいんだこれが!

カロリー焼きを持ち上げると下のパスタ登場。カリッとモチっと、いいんだこれが!

 そして、カロリー焼きといえば、外せないのが底のパスタ。お弁当屋さんで肉料理の下にパスタがあるものも多いですが、あのフニャッと感とは全く別物。キッチンカロリーの場合、熱々鉄板で出されるので、パスタが鉄板に当たっていたところはカリッと、そしてモチっと。トロシャキの玉ねぎと絡んだ上に上のオカズのソースや肉汁を吸ってくれる、後半のお楽しみです。

 パスタなのにゴハンとも合う。中から湯気もブワッと上がってきます。ずーっと熱々なのって、やっぱり幸せ〜。カロリー焼き、ゴハン、ハンバーグ、ゴハン、カラアゲ、ゴハン、と交互に食べていたら大盛りでもゴハンが足りなくなりそうな勢いに。途中パスタやコーンなども挟み、オカズと炭水化物とをバランスよく食べすすめていきます。なんかもぉ、無限ループで食べ続けられそうな勢いです。

強火で一気に仕上げ。使い込まれた鉄板と木の受け皿に歴史を感じる

強火で一気に仕上げ。使い込まれた鉄板と木の受け皿に歴史を感じる

 そもそも、メガ盛りはどういうきっかけで生まれたんですか?「学生さんが多いから、学生さんにいろんな種類をお腹いっぱい食べて欲しいと思って生まれたメニューですね。ちなみに肉の量が2倍のカロリー焼き特盛もあるんですよ」とのこと。ちなみに肉2倍の場合+300円になります。他のオカズはいいから、カロリー焼きをいっぱい食べたい、という人にはこっちがおすすめかも。

「うちは気取った店じゃないから気軽にきて欲しいね。平日15:00〜17:00はアイスコーヒーかウーロン茶がサービスになるからね」と語るお店の人。みなさん勤続数十年のベテランさん。そして昭和の時代から味は一切変えていないとのこと。カロリー焼きは創業から66年経った今も、ずっと変わらぬ美味しさのカロリー焼きです。

 ということで、明大出身の人はもちろん、御茶ノ水に縁があった人はいつでも懐かしい味が楽しめるキッチンカロリー。テイクアウトも可能なので、時間がないときは持ち帰りで頼むのもおすすめですよ。

(取材・文◎石澤理香子)

●SHOP INFO

キッチンカロリー 外観

店名:キッチンカロリー

住:東京都千代田区神田駿河台2-4 第二御茶ノ水ビル 1F
TEL:03-3294-3550
営:10:30〜21:00、土曜・祝日〜18:00、日曜〜16:00
休:なし

関連記事(外部サイト)

×