『小岩井乳業』の「オードブルチーズ」が40周年! 歴代の社員が明かす絶品レシピ5選

『小岩井乳業』の「オードブルチーズ」が40周年! 歴代の社員が明かす絶品レシピ5選

食楽web

 日本で独自に発展した「プロセスチーズ」。チーズがまだ一般家庭での消費が少なかった昭和初期、安定した品質と賞味期限を長くもたせるため、ナチュラルチーズを加熱処理し、乳化剤で固めたプロセスチーズが生まれました。一度加熱されているため、小さい子供や妊婦でも安心して食べられるのが魅力ですね。

シリーズ中のヒット商品「サラミ」は、9月より「米沢牛入りサラミ」としてリニューアル

シリーズ中のヒット商品「サラミ」は、9月より「米沢牛入りサラミ」としてリニューアル

 このプロセスチーズ。最近、様々な味わいのものが登場し、お酒のおつまみやおやつに喜ばれていますよね。中でも人気なのが、今年で発売40周年を迎えた『小岩井乳業』の「オードブルチーズ」です。現在、歴代の担当社員が明かす「プロセスチーズの簡単アレンジレシピ」を紹介しているので、その一部をご紹介しましょう!

熱々ごはんのクリーミーおかかにぎり

 まずは、オードブルチーズのクリーミー味を使ったおにぎり。熱々ごはんでチーズがとろけてクリーミーな味わい。おかかとチーズのコラボが絶妙な美味しさです。

材料(2個分)

・オードブルチーズ クリーミー……2個
・炊きたての白米……200g
・醤油……小さじ2
・かつおぶし……お好きな量
・海苔(15cm×9cm)……2枚

作り方

1.オードブルチーズを5mm角に切る

2.白米に醤油、かつおぶし、1 を混ぜてにぎり、海苔を巻く

ラー油と七味のピリ辛クリーミーチーズ

 同じく「クリーミー」味を使ったおつまみ。クリーミーなチーズのまろやかさをピリッと引き締める美味しさです。

材料

・オードブルチーズ クリーミー……4個
・七味……適量
・ラー油……小さじ1

作り方

1.オードブルチーズを4等分に切り、クッキングシートに並べる

21 を600Wのレンジで2分温める

3.七味とラー油をまんべんなくかける

海苔をまくだけ! パリパリ海苔チーズ

 これは間違いないですね。磯辺焼き風に、お餅の変わりにオードブルチーズの「オニオン」味を海苔で巻いた一品。パリパリに焼けた海苔ととろけるチーズの食感がたまりません。

材料

・オードブルチーズ オニオン……3個
・海苔(3cm×10cm)……3枚

作り方

1.オードブルチーズに海苔をまき、クッキングシートに並べる

2.トースターやオーブン(230℃)で4分半焼く

ワインにぴったり! イタリア風 焼きチーズサラミバゲット

 普段のおつまみからホームパーティの前菜に欠かせないブルスケッタのアレンジレシピです。「米沢牛入りサラミ」味で作れば、段違いの旨みの宝庫!

材料

・オードブルチーズ 米沢牛入りサラミ……3個
・バゲット……3枚
・ミニトマト……4個
・バジル……2〜3枚
・オリーブオイル……適量

作り方

1.オードブルチーズを薄くスライスする

2.バゲットに1 をのせ、トースターやオーブン(230度)で4分半焼く

32 にオリーブオイルと薄くスライスしたミニトマト、バジルをのせる

ヘルシーなアーモンドチーズサラダ

 サラダにトッピングしたのは、オードブルチーズの「アーモンド」味。アーモンドの香ばしさとチーズの濃厚な味わいが、普段のサラダを格上げしてくれますよ。

材料

・オードブルチーズ アーモンド……3個
・サラダ……2人分(お好きな具材で結構です)
・岩塩……適量
・オリーブオイル……適量

作り方

1.オードブルチーズをいろいろな大きさにちぎる

2.サラダに1 をまぶし、岩塩とオリーブオイルを少々かける

・・・・・・・

 お酒のおつまみとしてプロセスチーズを楽しみたい時は、食べる10分ほど前に冷蔵庫から出して常温に戻しておくのがおすすめ。柔らかな食感になり、チーズの香りが立ってくるそうです。さらに美味しくいただくなら、ろうそくの火で軽くあぶってみてください。焦げた部分の香ばしさがよりチーズの旨みを引き立て、酒の肴にぴったりです。

●DATA

小岩井乳業

https://www.koiwaimilk.com/

関連記事(外部サイト)

×