可憐な名前なのに衝撃的なウマさ! 『大阪王将』の「“初恋”オムライス」を食べてきた

可憐な名前なのに衝撃的なウマさ! 『大阪王将』の「“初恋”オムライス」を食べてきた

食楽web

 初恋──。この言葉を聞いてノスタルジックな気持ちになる人は多いでしょう。懐かしく、甘酸っぱく、そして面映ゆくもある記憶。そんな純粋だったあの頃(?)に戻れそうなメニューを発見し、思わず食べに行ってしまった筆者です。向かったのは餃子でおなじみの『大阪王将』御徒町駅前店。

大阪王将・御徒町駅前店。JR御徒町駅北口を出ると目の前にあります

大阪王将・御徒町駅前店。JR御徒町駅北口を出ると目の前にあります

 お目当てのメニューは期間限定の「弾む焼豚いつかの初恋オムライス」(695円)。なんと素敵なネーミングでしょう。“いつかの初恋”という言葉に、筆者の心にも辛うじて残っていたウブなものをくすぐられてしまい、定番の餃子とともにいただいてきました。

オムライスは果たして初恋の味なのか?

「弾む焼豚 いつかの初恋オムライス」(695円)。薄焼き卵の下は意外にもチャーハンが

「弾む焼豚 いつかの初恋オムライス」(695円)。薄焼き卵の下は意外にもチャーハンが

 薄焼き卵にケチャップソースという、至って普通に見えるオムライスです。まずはケチャップソースのかかっていない部分をレンゲでひと口。フワッとした卵の下はケチャップライスかと思いきや、ちょっと違いました。どちらかというとチャーハンのような味です。

 これは大阪王将のチャーハンにケチャップソースを加えて味付けしているとのこと。そのせいか普通のチャーハンよりも味に深みがあり、薄焼き卵と一緒に食べれば濃厚なチャーハンになります。ケチャップソースは酸味をおさえているようで、かすかな甘酸っぱさに仕上がっています。しかもチャーシューのタレをブレンドしているとのことで、コクのある味になっており、ライスとの相性もなかなか。これは思わずガツガツとレンゲが進みます。

ゴロッとしたチャーシューが出てきてテンションも上がります

ゴロッとしたチャーシューが出てきてテンションも上がります

 そしてなんと言っても、ライスの中から出てくるチャーシュー。角切りのようなチャーシューがゴロッと出てきます。余分な脂がなく豚肉感ある大きめのチャーシュー。これが“弾む焼豚”ですね。初恋の感覚は忘れてしまいましたが、きっと弾むような気持ちもあったかもしれません。

 この期間限定のオムライス、昔の中華料理店で提供されていたオムライスをイメージしているそうで、だから“初恋”なのですね。50代、60代の男性をターゲットにしているのだとか。若いころに近所の中華料理店でお腹を満たした、あの味といったところでしょうか。食べると、確かに懐かしい味わいに体が満たされていくようです。初恋の記憶ともリンクしそうですね。

定番の餃子とセットなら936円でいただけます

定番の餃子とセットなら936円でいただけます

 しかし驚いたのは卵の下のライス。チャーシューダレをブレンドしたケチャップソースで味付けしたチャーハンとは意外でした。しかも衝撃的なほどにウマい! 筆者の中のオムライス観が変わってしまうほどの逸品でした。提供期間は11月8日まで。テイクアウトもできますよ。

(取材・文◎松本壮平)

●SHOP INFO

大阪王将 御徒町駅前店 外観

店名:大阪王将 御徒町駅前店

住:東京都台東区上野5-26-8
TEL:03-6806-0524
営:11:00〜23:00(22:30LO)
休:年中無休
※価格はすべて税抜です

関連記事(外部サイト)

×