ステーキからおつまみまで何でも使える! プレミアムな万能調味塩「潮山葵」って知ってる?

ステーキからおつまみまで何でも使える! プレミアムな万能調味塩「潮山葵」って知ってる?

万能調味塩「潮山葵」30g入り2000円(税別) | 食楽web

 “おうち時間”が増えたことで、自分で料理を作る機会が増えた人も多いはず。筆者もそのなかの一人で、とくに家でステーキを焼く機会が増えました。塩コショウだけでもいいですが、わさび醤油で食べてみたり、お気に入りのメーカーのステーキソースを使ってみたり…と、いろんな食べ方を楽しめるのもおうちならでは。

 なかでも最近気に入ったのが、「潮山葵(うしおわさび)」というわさび塩です。万城食品が販売するこの塩、30g入りで税別2000円というプレミアムな価格帯なのですが、これまで食べたことのあるわさび塩とはまったく違いました! ステーキだけでなくいろんな使い方ができるので、筆者お気に入りの食べ方をご紹介しましょう。

伊豆産の生の本わさびと瀬戸内産の粗塩をブレンド

外箱は職人がほぼすべての工程を手作業で行う印籠式貼り箱。万城食品のコーポレートカラーで日本の伝統色でもある「深緋(こひき)」を使用

外箱は職人がほぼすべての工程を手作業で行う印籠式貼り箱。万城食品のコーポレートカラーで日本の伝統色でもある「深緋(こきひ)」を使用

 潮山葵は万城食品のECサイトのみで購入できるわさび塩で、2018年度には「モンドセレクション金賞」と「OMOTENASHI Selection」を受賞しています。手土産や贈り物にもぴったりな高級感溢れるパッケージで、これだけでもそんじょそこらのわさび塩でないことが伺い知れます。

賞味期限は6か月で瓶詰めになっている。30gなので使い切れるか不安だったが、あっという間に食べ切った

賞味期限は6か月で瓶詰めになっている。30gなので使い切れるか不安だったが、あっという間に食べ切った

 このわさび塩、伊豆産の生の本わさびを使っていることもあり、冷蔵保存が必須です。また、鮮やかなわさびの色を出すために、わさびの葉も配合しているそうです。肝心の塩は、味のバランスを整えるきめ細やかな塩と、瀬戸内産のシャリッとした食感の粗塩を使用しています。

刻みわさびと粗塩を食べているような感じで、これだけでも日本酒のアテになりそう

刻みわさびと粗塩を食べているような感じで、これだけでも日本酒のアテになりそう

 せっかくなのでそのまま味見してみると、一般的なわさび塩に比べ、辛みはマイルド。それでいてわさびの香りがしっかり感じられ、粗塩のシャリシャリした食感もアクセントになっています。

ステーキとの組み合わせは文句なしのおいしさ

わさびの香りがあとにふわっと広がる感じがたまらない。いろんなソースで食べようと思っていたが、潮山葵でステーキ1枚を食べ切ってしまった

わさびの香りがあとにふわっと広がる感じがたまらない。いろんなソースで食べようと思っていたが、潮山葵でステーキ1枚を食べ切ってしまった

 最初に試したのが、ステーキとの組み合わせ。ちょっとのせて食べるだけで、肉の旨みをわさびが引き立ててくれ、特売の肉もちょっとリッチなステーキのように感じさせてくれます!

 続いておすすめなのが、餃子×潮山葵の組み合わせ。なかでも肉々しい餃子と合わせれば、ジューシーな肉汁をわさびがすっきりさせてくれるんです。これまでわさび塩といえば、天ぷらやお刺身といった和食に合わせるイメージでしたが、潮山葵は肉との相性もバッチリ。

今回は焼き餃子に合わせたが、水餃子にも良さそう。肉汁とわさびの相性の良さを再発見できた

今回は焼き餃子に合わせたが、水餃子にも良さそう。肉汁とわさびの相性の良さを再発見できた

 もっと手軽に使いたいなら、冷奴にのせてみたり、クラッカーにクリームチーズとプチトマトをのせた上にちょい足ししてみるのもアリ。とくに、クリームチーズと潮山葵の組み合わせはお気に入りで、わさびの香りがほんのり楽しめる和風カナッペに変身しました。これなら日本酒やビールのお供にもぴったりです。

チョイのせするだけでわさびの風味がアクセントになる

チョイのせするだけでわさびの風味がアクセントになる

 ツーンとした辛さではない、爽やかな辛みと香りが楽しめる潮山葵をプラスするだけで、料理がレベルアップすること必至。自分なりの使い方を見つけて楽しんでみてください。

●DATA

万城食品公式オンラインショップ

http://www.banjo-shop.com/shopdetail/000000000266/

●著者プロフィール

今西絢美
「おいしいものナビゲーター」として、調理家電や食に関する記事を執筆。フードツーリズムマイスター、利酒師の資格も持つ。ウェブサービスやアプリのトレンドも絶賛追跡中。コンテンツ制作会社「TEKIKAKU」取締役。

関連記事(外部サイト)