買えるのは自販機と通販だけ! 1本300円の高級りんごジュース「青森りんご 世界一」を飲んでみた

買えるのは自販機と通販だけ! 1本300円の高級りんごジュース「青森りんご 世界一」を飲んでみた

食楽web

 りんごの有名な産地といえば、もちろん青森県ですよね。さまざまな種類のりんごが栽培されており、なかでも「世界一」は誕生当初、サイズが世界一大きいと言われた品種です。

 そんな世界一だけを使用したジュース「青森りんご 世界一」が10月6日に数量限定で発売を開始しているのをご存知ですか? 280mlで300円というちょっとリッチなこのりんごジュースが買えるのは、JR東日本の東京駅、上野駅、青森駅、新青森駅、弘前に設置された約100台の自販機と、「acure made(アキュアメイド)」のECサイトだけ。プレミアムなりんごジュースの味わいをご紹介しましょう。

青森でも希少な品種を使用

希少な品種のため、飲料化されることはめったにない

希少な品種のため、飲料化されることはめったにない

「青森りんご 世界一」は、原材料にりんごだけを使用したこだわりのジュースです。使用される「世界一」という品種は、ハレの日の贈り物に使われることが多く、甘みの調整や大きさの管理が難しいので、青森県内でも全体の0.5%程度の作付面積でしか精算されていない希少なりんごなんです。

 これまでにもJR東日本ウォータービジネスが展開するオリジナル飲料ブランド「acure(アキュア)」では、ストレート果汁100%の「青森りんごシリーズ」を展開しています。ふじ、つがる、王林、トキ、ジョナゴールドなどさまざまな品種名を打ち出したりんごジュースを販売しており、JR東日本の駅構内の自販機で見かけたことがある人もいるかもしれませんね。

原材料名には「りんご」とだけ記載されており、ビタミンCなどの酸化防止剤不使用なことがわかる

原材料名には「りんご」とだけ記載されており、ビタミンCなどの酸化防止剤不使用なことがわかる

 青森りんごシリーズは、製造過程で空気に触れない状態でりんごを粉砕・搾汁する「密閉搾り」という手法を用いることで、酸化防止剤を使っていないのが特徴です。また、果実をすりおろすので、果肉に含まれる香りやコクが残りやすく、品種ごとの甘みや酸味をダイレクトに感じられます。

とろみのあるジュースに甘みがたっぷり

白濁して少しとろみがある。すりおろしているものの、粒は見当たらない

白濁して少しとろみがある。すりおろしているものの、粒は見当たらない

 開栓してグラスに注ぐと、液体に少しとろみがあることがわかります。コンビニで買うりんごジュースはサラサラの澄んだ液体のものが多いので、これを見るだけで味への期待が高まります!

 甘い香りを感じながらひと口飲んでみると、まるではちみつが混ざっているのかと思うほどまろやかな甘みを感じます。かといって甘ったるいわけではなく、あと味はスッキリ。道の駅で買うようなご当地感溢れたりんごジュースが自販機で買えるとなれば、300円でも買いたくなる気持ちがわかります。

 実は「青森りんご 世界一」はあまりの人気で、東京駅・上野駅では早期販売終了の見込みが立っており、代わりに「青森りんご きおう」の準備ができ次第、順次販売されるそうです(青森県内の自販機では販売が継続される見込み)。また、10月30日からアキュア公式オンラインストアで「青森りんご 世界一」が入った冬のギフトが発売される予定だそうです。飲み損ねたという人は、最後のチャンス! 公式オンラインストアで入手してみてください。

●DATA

acure 青森りんごシリーズ

https://www.acure-fun.net/products/apple/

●著者プロフィール

今西絢美
「おいしいものナビゲーター」として、調理家電や食に関する記事を執筆。フードツーリズムマイスター、利酒師の資格も持つ。ウェブサービスやアプリのトレンドも絶賛追跡中。コンテンツ制作会社「TEKIKAKU」取締役。

関連記事(外部サイト)