荻窪・中華そばの名店『春木屋』が初監修したセブンイレブンの「チャーシュー麺」を食べてみた

荻窪・中華そばの名店『春木屋』が初監修したセブンイレブンの「チャーシュー麺」を食べてみた

食楽web

「荻窪ラーメン」の元祖にして、行列の絶えない中華そばの名店『春木屋』。そんな『春木屋』の店主が初めて監修したという「東京荻窪・春木屋監修チャーシュー麺」が、1都3県のセブンイレブン限定で販売されているのをご存知でしょうか?

550円(税抜)

550円(税抜)

 スープはなんと特製のかえしを使用。鶏ガラ、豚ガラ等の肉系、鰹や煮干等の魚系などから取った贅沢なスープで、『春木屋』秘伝の味を再現しています。さて、その完成度やいかに!? 早速、近所のセブンイレブンに駆け込み味わってみました。

特製のスープと熟成中太麺の出来栄えはいかに!?

 レンジで温めるタイプなので、スープもさることながら、麺の食感やチャーシューなどのトッピングの完成度も気になるところですね。

 まずは肝心の「スープ」から。最初は肉系のだしがガツンときて、かなり濃厚な口当たり。しかし、後から魚介だしが前に出てきて、喉を通る時にはさらっと淡麗な味わいに変わっていきました。これは、期待以上の味わい深さ。

 次は「麺」です。麺は特製スープが良く絡むように“熟成中太麺”を新たに開発したそうです。やはり本家の麺に比べると多少劣りますが、喉ごしがよく、モチモチの食感はスープとよく合っています。すでに茹でてあるものを温め直して食べているんですから、クオリティは十分高いと思います。

 チャーシューとメンマも存在感&食べ応えがあり、大満足でした。昨今、専門店の味をテイクアウトして食べる機会が増えていますが、遠方でなかなか『春木屋』に行けないという人でも、十分お店の雰囲気を味わえる商品でした。

関連記事(外部サイト)