お取り寄せの達人が選ぶ「逸品お取り寄せスイーツ」TOP10!

去年、最も注目されたスイーツは? お取り寄せの達人が選ぶ「逸品スイーツ」トップ10

カフェタナカの「ビスキュイ・シンプリシテ」 | 食楽web

“GO TO トラベル”とは言うものの、まだ旅行に行くのは気が引けるという人も少なくないでしょう。そんな時は、全国各地の名物グルメをお取り寄せして、旅をした気分を味わうのもいいですよね。

 日本最大級のお取り寄せの情報サイト「おとりよせネット」では、アクセス数が最も高かった商品をランキング化。そんなお取り寄せの達人が選んだ逸品トップ10をご紹介します。

1位:カフェタナカの「ビスキュイ・シンプリシテ」

2700円(以下、全て税込)

2700円(以下、全て税込)

 1963年創業の自家焙煎珈琲専門店『カフェタナカ』。シェフパティシエ・田中千尋さんが作るクッキー缶は、発売日とともにたちまち売り切れてしまう幻の一品です。この「ビスキュイ・シンプリシテ」は、フランス産A.O.P.バター、アーモンドプードル、欧州産のてんさい糖「ヴェルジョワーズ」を使用。素材の美味しさと、さっくりとした食感がクセになる名品です。

2位:石屋製菓の「白い恋人 54枚缶入」

4104円

4104円

 北海道土産の頂点に君臨し続けているのが、『石屋製菓』の「白い恋人」です。サクッと軽いラングドシャクッキーに、濃厚なホワイトチョコレートをサンド。こちらも素材の良さで勝負した銘菓です。

3位:パレスホテル東京の「Chiyo Choco 〜2020 edition〜」

3240円

3240円

 パレスホテル東京のペストリーショップ『スイーツ&デリ』で販売している「Chiyo Choco 〜2020 edition〜」もおすすめ。“Lemon”味にはカカオ30%のチョコレートを使うなど、フレーバーごとにカカオ分の含有量も違います。フルーツ・クーベルチュール「インスピレーション・アマンド」を使い、アーモンドの香ばしさも特徴です。

4位:椛島氷菓の「カバ印 アイスキャンデーおためしセット」

2095円

14本セット、2095円

 福岡県柳川市で果実から作るアイスキャンデーが人気の『椛島氷菓』。あまおう(いちご)、甘夏、マンゴーなど、自社農園で栽培しているフルーツを主な材料に作った昔ながらのアイスキャンデーです。レトロな見た目も人気の秘訣です。

5位:Limevert Koji Takayamaの「レモンケーキ」

1944円

5個入、1944円

『Limevert Koji Takayama(リムヴェール コウジ・タカヤマ)』は、惜しまれつつ閉店した祖師谷の人気パティスリー『リムヴェール』のシェフだった高山浩二(「高」は正しくは「はしごだか」)氏がオープンしたオンラインストア。店舗で大人気だった「レモンケーキ」を購入できます。

 契約農家から直接仕入れる「瀬戸内レモン」を皮ごとスライスし、砂糖と一緒に煮詰めたものを生地に混ぜ込み、丁寧に焼き上げて作ります。仕上げにレモン果汁と粉糖を混ぜたグラスアローをコーティングしたら完成。甘酸っぱさと独特のしっとり感が絶妙な、大人好みのスイーツです。

6位:おだわらマートの「お試しセット」

3000円

3000円

 こちらは、神奈川県が開発した小田原産の柑橘「湘南ゴールド」を使った『おだわらマート』の「お試しセット」。果汁や果肉たっぷりのゼリーやバターケーキなどがセットになっていて、柑橘好きにおすすめのセットです。

7位:Ben’s Cookiesの「BEN’s SMALL BOX OF 7」

1566円

1566円

 1983年にオックスフォードで創業した『Ben’s Cookies』。今でも一号店では、毎日手作りでクッキーを焼いています。日本の店舗でも、イギリスから輸入した保存料・添加物・着色料不使用の生地で一枚一枚、丁寧に焼き上げています。ベルギーチョコレート、無塩バター、小麦粉、キビ砂糖、卵で作るシンプルなクッキーで、イギリスのグランマが焼いてくれるようなホームメイドのやさしい味わいが特徴です。

8位:シュクレイの「フランセ フランセビスキュイ(ストロベリー&カマンベール)」

1944円

18枚入、1944円

 苺の香りを思いっきり堪能できるビスキュイ。苺の風味を感じた後から、カマンベールチーズを混ぜたホワイトチョコレートが追ってきます。甘さと塩気が絶妙で、シャンパンやワインと合わせても楽しめます。

9位:ショコラトリー ヒサシの「Monaショコラ」

2251円

5個入、2251円

 2015年『ワールドチョコレートマスターズ 2015』では日本代表として高成績をおさめたパティシエ、小野林範シェフの人気店『Chocoiateite HISASHI(ショコラトリー ヒサシ)』(京都府)。洗練されたチョコモナカが知られざる名物なのです。

 最中の皮の内側にチョコレートが塗られ、中はなめらかなチョコレートクリームが詰まっています。パリパリの皮とチョコレートの芳醇さはお見事。コロンしたかわいらしい見た目も人気の秘訣です。

10位:甘党茶屋 梅園の「みたらしバターサンド」

2376円

10個入、2376円

 京都を代表する甘味処『甘党茶屋 梅園』で甘味好きが指名買いするのが、この「みたらしバターサンド」。大吟醸の風味がついたバタークリームとみたらしの甘辛タレを合わせた一品で、ほどよい甘さとみたらしの香ばしさを堪能できます。

●DATA

おとりよせネット

https://www.otoriyose.net/

関連記事(外部サイト)