ご飯が無限に食べられる! 久世福商店の優秀「ごはんのお供」4選

ご飯が無限に食べられる! 久世福商店の優秀「ごはんのお供」4選

食楽web

 日本全国の“うまいもの”を販売している食のセレクトショップ『久世福商店』。めざましテレビやヒルナンデスでも取り上げられ、気になっている方も多いと思います。独特の視点で「和」をモチーフに開発される食品の数々は、どれも魅力満点です。

 そのなかから、今回は『久世福商店』とそのオンラインショップ『サンクゼール』、全国のこだわりの生産者が出店しているオンラインモール『久世福e商店街』で販売されている「ごはんのお供」を4品、厳選してご紹介します。こだわりのお供と一緒に味わえば、いつものご飯が何倍も美味しく味わえますよ。

絶品ご飯のお供はこれ!

「漁師風いか醤油漬け」580円

「漁師風いか醤油漬け」580円

 最初にご紹介するのは、『久世福e商店街』で販売している「漁師風いか醤油漬け」。日本海で獲れた刺身用のスルメイカをソーメンカットし、秘伝の醤油ダレに漬け込んでいます。塩辛や沖漬のような独特のクセもなく、塩分控えめでマイルドな味わい。スルメイカのつるつる&コリコリッとした食感も相まって、一度食べたらやみつきになること請け合いです。

 そのままご飯にかけても美味しいですが、画像のようにネギや海苔、わさび、卵黄などをのせて丼ぶりにするのもオススメ。様々なアレンジが楽しめるので、老若男女を問わず人気の一品です。

「おかわりごぼう」280円

「おかわりごぼう」280円

 こちらも『久世福e商店街』の逸品である「おかわりごぼう」。野菜そのものの味わいを活かすことにこだわった漬物屋さん『おばねや』のロングセラー商品です。

 使用するのは契約農家が栽培した若採り里ごぼう。薄皮を残したまま白醤油ベースのかつお味で漬け込んでおり、あっさりと食べやすいのが特徴です。ごぼうのシャキシャキ食感も楽しく、ご飯のお供としてはもちろん、サラダやお酒のおつまみにもオススメです。

「ねばねば昆布 野沢菜」540円

「ねばねば昆布 野沢菜」540円

『久世福商店」のご飯泥棒としてオススメしたいのが、「ねばねば昆布 野沢菜」。「わさび」や「青しそ」など、豊富なラインナップの「ねばねば昆布」シリーズの中で最も高い人気を誇る一品です。

 国産の野沢菜を塩漬けにし、強い粘りとまろやかな甘みを持つ“猫足昆布”と合わせることで、独自のねばねば感とシャキシャキ感を実現。醤油とかつお節の旨みが効いており、誰もが食べやすい甘口に仕上げられています。

おすすめのアレンジは「ねばねば丼」

おすすめのアレンジは「ねばねば丼」

 この「ねばねば昆布 野沢菜」のイチ押しの食べ方は、キムチ・納豆・オクラ・卵と一緒にご飯にのせた“ねばねば丼”。スルスルッと食べられるねばねば感と、歯ごたえのあるシャキシャキ感で、食欲がない日でもごはんがどんどん進みます。ぜひお試しあれ。

日本全国ごはんのおとも旅「鶏の炭火焼き風」135g入り540円

日本全国ごはんのおとも旅「鶏の炭火焼き風」135g入り540円

 最後にご紹介するのは宮崎県の郷土料理「鶏の炭火焼き」をイメージしたこちらのご飯のお供。そう、商品名に「風」と付いているように、使っているのは鶏肉ではありません。地方の肉料理をテーマに、お肉の代わりに大豆ミートを使用して本場の味をイメージした「日本全国ごはんのおとも旅」シリーズの第一弾として登場したものなんです。

2種類の柚子胡椒が食欲を誘う

2種類の柚子胡椒が食欲を誘う

 さわやかな香りの青柚子胡椒と、絶妙な辛みの赤柚子胡椒が味の決め手になっていて、そのスパイシーな味わいが食欲を誘います。また、大豆ミートも本場の鶏肉にきわめて近い再現度で、具材感もしっかり楽しむことができます。ご飯にかけるのはもちろん、おにぎりやお茶漬けの具にしても美味しくいただけますよ。

●DATA

久世福商店

https://stcousair.jp/

久世福e商店

https://kuzefuku-arcade.jp/

※価格は全て税込

関連記事(外部サイト)