累計7万本売れているご飯のお供!南極料理人監修「やみつきシリーズ」とは?

累計7万本売れているご飯のお供!南極料理人監修「やみつきシリーズ」とは?

食楽web

 ほかほかのご飯が用意できたのに、「今日はこれ!」というおかずに行き付かないことってよくありますよね? そんなときに頼りになるのが“ご飯のお供”。こだわり&お気に入りの一品ならぬ“一瓶”を、冷蔵庫にしっかりキープしている方も多いのではないでしょうか。

 今回紹介する「南極料理人監修 やみつきシリーズ」は、札幌発の食品メーカー・ノフレ食品が販売を行っているご飯のお供。南極地域観測隊に参加した経歴を持ち、作家兼料理人として活躍中の“南極料理人”西村淳氏が監修し、2018年の発売開始から約2年間で累計販売数が7万本以上、10万本突破も目前という人気商品なんです。

「やみつきシャケ」

 シリーズ一番人気の「やみつきシャケ」は、焼いてほぐしたシャケの身にホタテと玉ねぎをブレンドし、ニンニクと唐辛子、菜種油でまとめた新感覚のご飯のお供です。

 ご飯に乗せたときからジューシーさを感じさせ、シャケと海鮮の旨み、さらに香味野菜によるパンチの効いた味わいが口いっぱいに広がります。

「やみつきタラ」

「やみつきタラ」は、香ばしく焼き上げた北海道産のスケソウダラのほぐし身に、ホタテ、玉ねぎ、ニンニク、唐辛子をブレンドして瓶詰めした一品。タラの身のトロっとした食感と濃厚な旨みは、白飯をかっこむ手を止める暇すら与えてくれないほど!

「やみつきニシン」

「やみつきニシン」は北海道民には馴染みの深いニシンがメイン。香ばしく焼き上げた北海道産ニシンと数の子を手作業でほぐし、ホタテ、玉ねぎ、ニンニク、唐辛子を合わせた一品です。

 ニシンの身と数の子が奏でる食感のハーモニーとニンニク&唐辛子の風味が食欲を刺激しまくって、いつの間にかご飯をよそう器が茶碗から丼へとシフトアップしてしまう…かも!?

「やみつきタコ」

 北海道産のタコをスライス&そぼろの2種類に加工し、他の「やみつきシリーズ」と同様にホタテ、玉ねぎ、ニンニク、唐辛子をブレンドして仕上げられた「やみつきタコ」。タコのもっちりした食感と噛むほどに滲み出てくる旨さと、一緒に合わせた食材が生み出す美味しさは、ご飯のお供だけでなくお酒のアテとしても最適の一品!

 そのまま食べても十分に美味しい「やみつきシリーズ」ですが、“食べる調味料”として用いるのもOK。トーストしたパンやバゲットに乗せたり、サラダやチーズと一緒に、またチャーハンやパスタの味付け&具材になどなど、アイデア次第で料理が簡単かつ格段にグレードアップしちゃいます!

 おかず選びに困ったときや、もう一品欲しいなあというときに心強い味方になってくれる「やみつきシリーズ」。味見の一口で即リピートを決めたくなる極上の味わい、試してみてはいかがでしょうか。

●DATA

ノフレ食品 南極料理人監修 やみつきシリーズ

取扱店舗:『ノフレ食品』オンラインショップ及び、新千歳空港お土産販売店、都内アンテナショップなど
内容量:各150g
価格:各1080円(税込)
https://www.norfre.com/

関連記事(外部サイト)