ふわとろ食感がたまらない! 『甲賀流』の「たこ焼き」が大阪で40年以上愛される理由

ふわトロ食感がたまらない! 『甲賀流』の「たこ焼き」が大阪で40年以上愛される理由

食楽web

 大阪のソウルフードの代表格と言えば「たこ焼き」。お好み焼きや串カツに比べてファストフード感覚で食べられるので、大阪にはタコ焼きにうるさい人が本当に多く、まさに十人十色です。

 大阪人に「どこのたこ焼き屋が1番か?」という話題をしようものなら、喋り好きなこともあって「あの店が1番」、「いや、こっちが1番」とたこ焼き会議が開催され、だいたい揉めます(笑)。

甲賀流の外観。アメリカ村の象徴スポット三角公園の目の前

甲賀流の外観。アメリカ村の象徴スポット三角公園の目の前

 そんな大阪人のたこ焼き会議で必ず名前が挙がるのが、『甲賀流(こうがりゅう)』というお店。東京でいえば、原宿のような若者の街「アメリカ村」にあります。

次々と焼かれる甲賀流のたこ焼き

次々と焼かれる甲賀流のたこ焼き

『甲賀流』があるのは、アメリカ村の象徴的なスポットである三角公園の目の前。通りに面した店先では、タコ焼きがどんどん焼かれています。若者人気を得て40年以上の愛され続けている老舗で、休日平日に関わらず、三角公園でたこ焼きを食べている人を見かけ、その人気の高さが伺えます。

『甲賀流』のたこ焼きはふわふわ、トロトロ!

「王道のソースマヨ」10個入り450円(税込)

「王道のソースマヨ」10個入り450円(税込)

 こちらが大阪の人にすっかりお馴染みの『甲賀流』のたこ焼きです。とりあえず、熱々を食べてみましょう。

 最大の特徴といえば、ふわトロの食感。小麦粉の量を少なめに抑え、山芋を使った生地はフルフルと柔らか。

 カリッとしていたり、モチッとしていたり、たこ焼きの生地に何を求めるかにもよりますが、こちらのたこ焼きは柔らか系生地の完成形といえる存在です。

大きくカットされたタコは存在感たっぷり

大きくカットされたタコが入っています

 中に入っているタコはプリッとしていて、大きめにカットされているので存在感もたっぷり。柔らかくふっくらと焼かれ、時間が経つとペシャッと潰れてしまうので、焼き立てをハフハフ言いながら食べましょう。

「たこ焼きにマヨネーズ」を流行らせた名店

たこ焼きにマヨネーズにという定番組み合わせも甲賀流があってこそ!

たこ焼きにマヨネーズにという定番組み合わせも『甲賀流」があってこそ!

 また『甲賀流』で欠かすことのできないのが、マヨネーズの存在。今でこそ当たり前となった“たこ焼きにマヨネーズ”という組み合わせ、実は『甲賀流』が元祖と言われています。

 規則正しく網目状に掛けられた自家製の“網掛けマヨネーズ”は、酸味が抑えられたまろやかな味わい。リンゴや玉ねぎなどをたっぷり使ったフルーティなソースが山芋入りの生地と絡み合うことで、ふんわりと優しい味のたこ焼きを生み出しています。

バリエーションも豊富! 「ブラックペッパーソルト&マヨネーズ」も絶品

「ブラックペッパーソルト&マヨネーズ」10個入り500円(税込)

「ブラックペッパーソルト&マヨネーズ」10個入り500円(税込)

 定番のソースマヨが一番人気ですが、ほかにもバリエーション豊かなたこ焼きが存在しています。ちょっと珍しいメニューが、マヨネーズに粗挽きの黒こしょうがたっぷり乗った「ブラックペッパーソルト&マヨネーズ」です。

レモンを絞って食べる新感覚たこ焼き

レモンを絞って食べる新感覚たこ焼き

 マヨネーズのまろやかさの中に、ピリリとした黒こしょうの辛味がアクセント。レモンを掛けて食べるとさらにスッキリして、いつもの味とはまったく異なる印象です。『甲賀流』のたこ焼きに馴染みのある大阪の人にこそ、食べてもらいたい一皿です。

ねぎが盛り盛り! 「革命のねぎポン」も人気

「革命のねぎポン」10個入り550円(税込)

「革命のねぎポン」10個入り550円(税込)

「革命のねぎポン」も人気メニューの一つです。変わり種たこ焼きの定番商品ですが、『甲賀流』のこだわりがギュッと詰まった一品。たっぷり乗った青ネギは、香りや彩り用にだけ乗せられているわけではなく、シャキシャキとした心地よい食感が楽しめます。

ネギの食感と香りがポン酢とマッチして爽やかな食感

ネギの食感と香りがポン酢とマッチして爽やかな食感

 そこに、ダシと柑橘系のバランスのいい特製ポン酢が掛かっていて、七味をかけて食べれば想像以上の旨味とサッパリ食感! いくらでも食べ続けられそうな味わいです。

店舗2階にはイートインスペースもあり

店舗2階にはTV出演の際の写真がいっぱいのイートインスペース

店舗2階にはTV出演の際の写真がいっぱいのイートインスペース

 たこ焼きを買ったらアメリカ村の街歩きや三角公園で食べる人がほとんどで、知らない人も多いと思いますが、お店の2階はイートインスペースになっていて落ち着いて食べることも可能です。

今回味わった3品。どれも美味しすぎる!

 壁には関西のいろんなTV番組で取り上げられた際の写真が飾られているので、甲賀流の40年の歴史を感じることもできます。大阪人を魅了する『甲賀流』のたこ焼き。お近くに来た際はぜひ、足を運んでみてください。

●SHOP DATA

甲賀流 本店

住:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-18-4 甲賀流ビル1F
TEL:06-6211-0519
営:10:20〜20:30
休:無休
http://www.kougaryu.jp/

●著者プロフィール

けいたろう
旅するグルメライター。大阪と京都をむすぶ京阪電車の沿線在住で、複数の旅行情報サイトにて旅とグルメのガイド記事を執筆。気になるグルメ情報があるとB級グルメも高級店も穴場のお店も有名行列店でも、とにかく幅広く取材します。食楽webでは関西グルメ情報を中心に紹介していきます。

関連記事(外部サイト)