希少部位“肩トロ”が絶品! 大分・中津の唐揚げの名店『極からあげ鳥匠』が間借りランチをオープン!

希少部位“肩トロ”が絶品! 大分・中津の唐揚げの名店『極からあげ鳥匠』が間借りランチをオープン!

食楽web

 本郷三丁目や錦糸町にも店舗を展開するからあげ専門店『極からあげ鳥匠』。本店は唐揚げの聖地・大分県中津にあり、本場の大分からあげを提供しています。

 この『極からあげ鳥匠』が、お茶の水の『月光食堂』にて間借りランチをオープンしました。独自工程で作る「からあげ」は、第1段階で低温熟成でかつおやいわし、サバ、昆布などから取った出汁を浸透させ、第2段階で調理タレを揉み込み、低温保存してから高温でカラッと揚げていきます。

 この工程を踏むことで肉にしっかり旨味が染み込み、ご飯もハイボールもぐいぐい進むしっかり系の味付けになります。

 肉は宮崎県「児湯食鳥」の鮮度の良い鶏肉を直送。部位は“肩トロ”と“モモ”から選べます。肩トロは、ムネ肉と手羽元の間にある希少部位で、適度な脂身と引き締まったジューシーな肉質が特徴。『鳥匠』に来たら、まずは肉汁あふれる“肩トロ”を試してみてください。

 からあげの他には、自家製タルタルソースのチキン南蛮や、親鳥を使ったチーズ入りチキンカツなどもラインアップ。イートインでは定食620円から、テイクアウトのお弁当500円から販売しています。ぜひ、からあげ欲を満たしに訪れてみてください。

●DATA

極からあげ鳥匠

住:東京都文京区湯島1-9-13月光食堂内
https://www.urashima-fc.com/

関連記事(外部サイト)