ご飯が最高に旨い! 神田のビジネスマンが行列する弁当屋『俵屋』に行ってきた

ご飯が最高に旨い! 神田のビジネスマンが行列する弁当屋『俵屋』に行ってきた

食楽web

 ランチ激戦区でもある神田駅エリアで、昼に行列ができるお弁当屋さんがあると聞き、向かったのは『お米屋の弁当 俵屋』。神田・日本橋に4店舗、他に台東区台東、足立区花畑、北松戸などにあるお弁当の店です。

 その中の一つ、JR神田駅から徒歩3分ほどの場所にある神田富山町店に行ってみると、オープンしてすぐの11時からお客さんがひっきりなしに入ってきます。見た感じ、常連さんが多いのかな? おそらく近所の会社に勤めるサラリーマンらしき人や、近くの大学や専門学校に通っている学生らしき人など、ほぼ悩まずにお弁当をパッと手に取り、会計して店を出て行きます。買う側もお店の人も無駄な動きが少ないのはなぜ?

ずらっと並ぶお弁当&丼。チャーハンやお味噌汁などサイドメニューも

ずらっと並ぶお弁当&丼。チャーハンやお味噌汁などサイドメニューも

「うちはね、お弁当のどれもが300円または400円なので、元々小銭を用意してくる人が多いんですよ」と笑顔で語るスタッフさん。「前は全商品が300円だったので、その時はもっと早かったですよ。たまに1万円出してくる人がいたら、他のお客さんが『何やってんだ〜』って声かけてたりね(笑)」。キリのいい金額でお釣りのやり取りがほとんどないことが、回転率? の良い理由の一つなんですね。

 現在300円で販売しているのは「のり弁当」「唐揚げ弁当」「唐揚げタルタル弁当」「おにぎり弁当」の4種類、400円は日替わり弁当A・Bに、「さけ弁当」「さば弁当」「焼肉弁当」。もちろんすべて税込。この中で、気になるお弁当を3つ紹介します。

海苔&おかかゴハンが美味しくてハマる!「のり弁」300円

「のり弁」300円。おかずで見えないけれど、主役は下で支える海苔&おかかゴハン

「のり弁」300円。おかずで見えないけれど、主役は下で支える海苔&おかかゴハン

 まずはお弁当といえば、の代表格「のり弁」。白身魚のフライ、ちくわの磯辺揚げの他に、コロッケ1/2、きんぴら、大根の桜漬け、そして海苔&おかかゴハン。タルタルソースと白身魚のフライ用のソースも入っています。

 一般的な「のり弁」より、コロッケがある分、おかずが多い気がする? 得した気分になれますが、実はこのお弁当、海苔&おかかのゴハン部分が衝撃の美味しさ。砂糖醤油で煮たおかかが、しっとり海苔と相まって、ゴハンの美味しさをぐわっと広げています。「おかかは炊いたのをそのままのせるのではなく、食べやすくフードプロセッサーでカットしてからゴハンにのせているんですよ」と広報担当の米田さん。美味しいおかかおにぎりのゴハン部分と、いろんなおかず部分がある感じ、と言ってもいいかも。このゴハン、2倍あってもいい!

「朝6時から開いている北松戸店や朝8時からやっている鍛冶町店などでは、朝ごはんにのり弁、昼ご飯に別のお弁当と、朝まとめて2つ買っていくお客様も多いですね」。なるほど。小腹が空いた時用に「のり弁」を買っておくのももいいかも。

ボリューム満点! バラエティ豊富な「野菜炒め弁当」400円

「野菜炒め弁当」400円。黄色いカップの中が野菜炒めで他におかずが色々

「野菜炒め弁当」400円。黄色いカップの中が野菜炒めで他におかずが色々

 この日の日替わり弁当は「野菜炒め弁当」。名前こそ野菜炒め弁当ですが、白身フライに油淋鶏、きんぴら、パスタ、大根の桜漬け、ポテトサラダなど、おかずが充実。これで400円ってすごい。とってもお得感のある内容です。

 野菜炒めは豚肉、キャベツ、もやし、にんじん、玉ねぎなどで、どこか家庭的な美味しさ。もちろんゴハンとの相性も抜群です。「日替わり弁当はサイトでも紹介しているほか、店頭でも1週間の日替わり弁当のメニューを渡しています。これを見て買いに来るお客さんも多いですね」。なるほど。だから店に入ってすぐお弁当を決める人が多かったんだ! 

 月曜日は「洋風弁当」と「カキフライ・ハムカツ弁当」、火曜日は「カニクリームコロッケ弁当」と「中華盛合せ弁当」、水曜には「照焼きチキン弁当」と「幕の内風弁当〜竹の子ご飯〜」、などなど、前日と同じ、毎週同じ、1週間の中で再登場、という日替わりメニューは一切なく、毎日買いに来ても飽きないようになっているのも魅力です。

焼き魚&煮物と、脇役たちがいい仕事してます!「さば弁当」400円

「さば弁当」400円、このクオリティ&ボリュームで400円で本当にいいの? ありがたいっ!

「さば弁当」400円、このクオリティ&ボリュームで400円で本当にいいの? ありがたいっ!

 いくら神田がランチ激戦区だからといっても、定食を食べようと思ったらそこそこの値段になるものです。それがこの弁当だと400円。カップの味噌汁でも買えば500円程度で充実の焼き鯖定食になっちゃう。コスパが良すぎます。

「弁当店を名乗る上で、鮭と鯖は外せませんでしたね。副菜などはその日によって変わるのですが、魚を食べたい人なら煮物がいいだろう、というように、購入されるお客様のことを考えた副菜にしています」と米田さん。

 冷めていてもふっくら肉厚のサバの塩焼きに煮物、そして青菜、キンピラ、卵焼き、ポテトサラダ、漬物。青菜の緑、人参のオレンジ、卵焼きの黄色、桜漬けのピンクなど、色合いもいい「さば弁当」。副菜がちょこちょこ多種類あるのって、女性が好きなタイプの弁当かも。これをすべて自分で作る手間、時間を考えたら400円って改めてすごいなぁと感心です。

神田富山店は13時45分までの営業(売り切れ次第終了)。お弁当を選びたい場合は早めの来店がオススメ

神田富山店は13時45分までの営業(売り切れ次第終了)。お弁当を選びたい場合は早めの来店がオススメ

 お弁当に使用しているお米は全て、北海道南留萌産、特Aランクの「ななつぼし」。冷めていてもほんのり甘く、旨みを感じられるのが特徴です。

「うちはそもそも、『百笑一生』という会社で、南会津でお米を作っているんですよ。美味しいお米に付加価値をつけるべく、お弁当として販売したのが始まりです。冷めても美味しい、お弁当にあうお米を探した結果、北海道のななつぼしになったんですよ」と米田さん。ちなみにゴハンは、温度管理をしっかりとしたところで保管、炊く前日に精米したばかりのもの。「お米の味はそれこそ当社のプライド、こだわりですね」。

 おかずに関しては、「美味しいお米に合う、ゴハンが進むおかず」を意識したもの。メニュー開発には今後も力をいれていくそうです。ほとんどのお店が11時〜14時前までの短時間営業ですが、今後はUber Eatsの取り扱いを始め、店舗から半径3キロ以内の場所なら配達サービスも。詳しくはHPをチェック!

 最初は300円均一で話題になり、その後ゴハンの美味しさでリピーターが増え、今では1日に1500人が購入しているそうです。流通コストの削減、外観部分のコストカットなどで経費を抑え、その分良心的な価格でお弁当を出している『お米屋の弁当 俵屋』。どこかホッとする美味しさでした!

(取材・文◎石澤理香子)

●SHOP INFO

お米屋の弁当 俵屋 神田富山町店外観

店名:お米屋の弁当 俵屋 神田富山町店

住:東京都千代田区神田富山町17 秋元ビル1F
TEL:03-5809-6745(問い合わせ・弁当の予約専用ダイヤル)
営:11:00〜13:45(売切れ次第終了)
休:土・日・祝日

関連記事(外部サイト)