『コカ・コーラ』の刺激にコーヒーの味わいをプラスした炭酸飲料 満を持して全国で発売へ

コカ・コーラシステムは、『コカ・コーラ』にコーヒーの味わいを組み合わせた炭酸飲料『コカ・コーラ プラスコーヒー』を、2018年9月17日(月・祝)から全国で発売する。250ml缶で、メーカー希望小売価格は128円(税抜き)。

『コカ・コーラ プラスコーヒー』は、“仕事中”の飲用機会を狙ったコーヒーテイストの『コカ・コーラ』。『コカ・コーラ』のおいしさと炭酸の刺激はそのままに、コーヒーの味わいと香りを絶妙なバランスでプラス。豊かなコーヒーの風味を感じられ、飲んだ後もコーヒーのほろ苦い後味が楽しめるという。

同社は2017年9月に、同じコンセプトの『コカ・コーラ コーヒープラス』(190g缶)を関東・東北・南東北の自動販売機限定で発売していた。これがSNS上でも大きな反響を呼び、この度パッケージと製品名を刷新、全国の自動販売機とコンビニエンスストアに販売チャネルを拡大することが決定した。『コカ・コーラ』とコーヒーのコラボレーションで、仕事中の休憩時に気分をシャキッとリフレッシュしてくれそうだ。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)