都心の高層ビルに出現した「ゼロツー ナシカンダール トーキョー」が激ウマ

大手町フィナンシャルシティグランキューブは地上31階建ての高層ビル。近くには徒歩圏内に皇居があり、鉄道駅は大手町、神田駅、東京駅が近く、まさに大都会のアーバンライフが送れるリッチな地域に位置する。

『ゼロツー ナシカンダール トーキョー』

そんなグランキューブの1階に、スパイス要素がふんだんに含まれたマレーシア系ぶっかけメシ専門店『ゼロツー ナシカンダール トーキョー』が爆誕。異国料理好きに絶大な支持を得ているが、もしまだ行ったことがないならば、有休をとってでも行ってみるべきお店と断言したい。

国や地域によって魅力と特徴が大きく変化

タイ、バングラデシュ、インド、ミャンマー、ラオス、ネパール、スリランカ、あらゆる地域にぶっかけメシ屋がある。平皿に煮込み、揚げ物、カレー、スープ、焼物、生野菜、あらゆる食材をぶっかけて食べる料理だ。地域性があり、国や地域によってその魅力と特徴が大きく変化する。

好きなカレーとか具をメシにぶっかけて混ぜて食うもの

『ゼロツー ナシカンダール トーキョー』の料理はマレーシア系のぶっかけメシといえばわかりやすい。もっとわかりやすくシンプルにいえば「好きなカレーとか具をメシにぶっかけて混ぜて食うもの」ともいえる。

店員さんのオススメに従うのもアリ

お店に入ったら、ライス量を伝えつつ好きな具を店員さんにオーダー。副菜とカレーを選んでいく。トッピングは追加可能。好きなだけトッピングオーダー可能だが、そのぶん、お値段があがっていく。とりあえずは定番から始めるのもアリだし、店員さんのオススメに従うのもアリ。

食材と食材の相乗効果がなにより楽しい

ここの魅力は、なんといっても、あらゆる具材がライスを介して一体化している点。Aとライス、Bとライス、Cとライスという食べ方でもいいが、ABCを混ぜてライスとともに食べるなど、混ぜることによる食材と食材の相乗効果がなにより楽しい。

良い意味での複雑な味

極端な話、すべての具を混ぜてひとつにしてから食べてもイイ。食べ方は自由だが、混ぜれば混ぜるほど、良い意味での複雑な味が生まれ、ディープなスパイスの奥深さが堪能できると思う。

オクラのシャキシャキ&トロトロ感も良い

とりあえず、鶏肉系や玉子は必ずのせておきたい。オクラのシャキシャキ&トロトロ感も良い感じ。オススメだ。ちなみに、全部乗せプレートもあるので、迷ったらそれをオーダーしても良いだろう。

店名: ゼロツー ナシカンダール トーキョー
住所: 東京都千代田区大手町1-9-2 グランキューブ1F

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)