仕事が嫌になったらサボって『信濃路 鶯谷店』の厚揚焼きのカレーがけを食いに行け

仕事が嫌になったら、クソすぎる仕事を放棄して、うまいもん食おう。サボって食うメシとサケはうまい。

JR鶯谷駅から徒歩10秒に位置する『信濃路 鶯谷店』(東京都台東区根岸1-7-4)で、厚揚焼きのカレーがけを食べに行くといいよ。ここ、食堂っぽい店構えをしているけど、ほぼ居酒屋。ほぼセンベロ。良い意味で世紀末。

絶妙な角度で渡される瓶ビールうまい

オススメのオーダーは瓶ビール大(550円)と、厚揚焼きのカレーがけ(450円)。カウンター席に座ると、瓶ビールを隙間から渡されるのだが、「絶対こぼれるだろ」と思えるくらい傾けて渡されるので焦る。

しかし絶妙な角度で渡されるのでこぼれない。目視マジック。意外と瓶ビール、傾けてもこぼれない。

仕事を放棄して飲むビール、うまい。何かから解放された状態で飲むビール、うまい。自分が仕事を放棄しても、世界が終わることはない。命を削ってまでやるべき仕事などそんざいしない。自分の命を守ることは仕事より大事。ビール、うまい。

意外と完成まで時間を要する厚揚焼きのカレーがけ

100円台から惣菜やオツマミが食える『信濃路 鶯谷店』において450円もする厚揚焼きのカレーがけは贅沢すぎるご馳走なのだが、これがまた味わい深い。オーダーしてから厚揚げをしっかり仕込むので、意外と完成まで時間を要する。

厚揚げ焼きとカレーの凄まじき相性

これ、勘違いする人が多いようだが、カレーライスの厚揚げ添えではなく、厚揚げにカレーがかけられた料理。

厚揚げはかなりの極厚で、しっかりと香ばしく焼かれているのでカレーのおいしさに拍手がかかる。厚揚げ焼きとカレーの凄まじき相性、看過できない。

特にジャガイモのゴロッと感は最高

カレーは「テキトーな業務用カレー」じゃあない。しっかりゴロゴロ具だくさんで、特にジャガイモのゴロッと感は最高。

そこに新鮮なシャリシャリ食感の刻みネギが盛られ、プレーンテイストな厚揚げのおいしさを引き立てる。七味唐辛子をかけてもいいし、ソースをかけて味変してもイイ。

仕事放棄して食う厚揚焼きのカレーがけはうまい。サボって飲む酒はうまい。飲みすぎてパルプンテになるのは避けたいが、「良いとか悪いとかいう以前にオレにはいっさい記憶がねーんだよ!」とかいう状態にならなきゃいいんじゃあないかなあ。

店名: 信濃路 鶯谷店
住所: 東京都台東区根岸1-7-4

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)