「たまに食べればよい」「思い出さない」と言われる日陰の存在……ハヤシライスが〇〇ライスランキングで6位に転落

ハヤシライスと言えば、簡単・手軽・時短レシピで老若男女みんなから愛される、おうちごはんの強い味方。しかし、その存在感の薄さが浮き彫りになる衝撃的なデータが発表されました。

「○○ライス」ランキングでまさかの6位に

自身で月1回以上調理する全国の20代〜60代の男女1000人を対象に、「○○ライス」で最初に想起するメニューを聞いたところ、ハヤシライスは想起度2.2%で6位という結果に。

しかも、調査をおこなったのはハウス食品。自社でも「完熟トマトのハヤシライスソース」を販売しているのに、自ら公表しちゃうという正直者……!

実は、今回の「○○ライス」調査は、自宅で過ごす時間が多くなり始めた2020年8月に続き2回目。

前回はおうちごはんの王者カレーライスを筆頭に、オムライス、チキンライス、タコライスにも不覚を取って5位に甘んじたワケですが、2年経ってもその存在感を発揮するどころか、ガパオライスにも追い抜かれて6位にランクダウンしちゃってるじゃないですか。

「○○ライス」で最初に想起するメニュー
1位:カレーライス(57.8%)
2位:オムライス(28.9%)
3位:チキンライス(3.2%)
4位:タコライス(3.1%)
5位:ガパオライス(2.3%)
6位:ハヤシライス(2.2%)

ハヤシライスは「たまに食べればよい」「思い出さない」

ここ1か月の間にハヤシライスを作って食べなかった人(n=808)にその理由を聞くと、「たまに食べればよい」(32.2%)、「思い出さない」(30.0%)、「ほかにおいしいものはたくさんある」(24.9%)といった辛辣な言葉が並ぶ不遇っぷり。もうやめて、とっくにハヤシライスのライフはゼロよ……!

とはいえ、もちろんほぼ全員がハヤシライスを認知(93.4%)しており、85.1%がハヤシライスを「好き」と答えています。ハヤシライスは誰もが知る、好きな人が多いメニューにも関わらず、なんとも存在感が薄く、食卓に登場しにくいという残念な事実が浮き彫りになりました。

ハヤシライスは簡単・手軽な時短料理

実は今回の調査で「作り方がわからない」「難しそう」といった声(自由回答)もあがったハヤシライス。そんな誤解を解こうと、「完熟トマトのハヤシライスソース」のブランドサイトでは頼れる4つのポイントを紹介しています。

1. お肉と玉ねぎ、具材2つですぐ完成!
2. フライパン調理で手軽に簡単に作れる!
3. 煮込み時間が15分でできる時短調理
4. 子どもから大人まで家族みんなで楽しめる

また、カレーライスよりも簡単・手軽・時短なハヤシライスに注目してもらうべく、ハウス食品グループ公式Twitterアカウント(@housefoods_now)にて「ハヤシも頼って!」キャンペーンを実施中。

毎日(土日祝を除く)投稿されるキャンペーン投稿を、指定ハッシュタグ「#ハヤシも頼って」を付けて引用リツイートすると、50名に「ハヤシライスソースセット(完熟トマトのハヤシライスソース、完熟トマトのハヤシライスソース<トマ辛ハヤシ>の詰め合わせを予定)」が当たります。

自宅で手軽に調理するなら、ハヤシも頼って! ハヤシも思い出してあげて!

「完熟トマトのハヤシライスソース」ブランドサイト:
https://housefoods.jp/products/special/kanjuku/index.html

関連記事(外部サイト)