デカ盛りサンドイッチがもうサンドイッチといえるモノじゃなかった件

デカ盛り料理は日本だけのものではありません。ニューヨークのマンハッタンには「おいしすぎるデカ盛りサンドイッチ」があり、多くの人たちが完食に挑んできました。

レストラン『Carnegie Delicatessen』

デカ盛りサンドイッチを作っていたのは、ニューヨークのマンハッタン、カーネギーホールから徒歩圏内にあるレストラン『Carnegie Delicatessen』。

スティーブン・スピルバーグも通った店

創業1937年で、ロビン・ウィリアムズ、メル。ブルックス、スティービーワンダー、スティーブン・スピルバーグなど、そのほか大勢の著名人が通ったお店とても知られています。残念ながら、現在は閉店していますが、通販ショップは存在します。

サンドイッチの形状をしていない

実際に『Carnegie Delicatessen』のデカ盛りサンドイッチ、パストラミサンドを食べたことがあるのですが、もはやこれ、サンドイッチの形状をしていません。大量の肉に少しだけパンが乗っている感じ。

肉はジューシーで絶品

とりあえず一緒にコーヒーをオーダーして飲みながら完食しようと思ったのですが、コーヒーをワンカップ飲んだところで足りない。水が欲しい。大量の水がないと食べられない。確かに肉はジューシーで絶品なものの、ずっと続く同じ味。味変したい。でもうまい。

味は期待していい

ちなみに『Carnegie Delicatessen』は閉店してしまいましたが、通販サイトは健在で、このパストラミサンドも通販でオーダー可能。もし北米在住者で食べきれる自信があるならば、お取り寄せするのはアリかもしれません。うまいのは確かなので、味は期待していいですよ。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)