くず餅かき氷を「船橋屋」で食べたんだが

くず餅かき氷を『亀戸天神 船橋屋 亀戸駅前店』(東京都江東区亀戸6-26-3)で食べたのですが、これ、やっぱりイイです。結晶が目視で確認できてキレイなかき氷。シャリシャリでふわふわのかき氷に、ジューシーかつ超濃厚ないちごエキスをかけて食べます。

食べた瞬間からスッととけてリッチで上品な甘味

いちごエキスにはたっぷりとくず餅が含まれていて、見た目的にもおいしさを沸かせるトロトロっぷり。いちごとあずきと練乳をかけ、豪快に、大量に、氷といちごとあずきをスプーンですくう。山のようにスプーンですくったかき氷のはずなのに、食べた瞬間からスッととけて消え、リッチで上品な甘味が広がります。

いちごエキスから果汁と果肉感

まったり感、そう、まったり感、それがかき氷に「尾を引く後味のよい甘味」をもたらしているように感じます。それはきっと、長く味覚に留まるくず餅がもたらした効果。たまらなくじんわりくる、えも言われぬ甘味。そもそもいちごエキスから果汁と果肉が感じられるのも良き。

涼しみと甘味を堪能できる一品

『亀戸天神 船橋屋 亀戸駅前店』はどのかき氷も美味ですが、オススメはやっぱり今回オーダーした『あずき苺みるくのかき氷』(税込1210円)。くず餅のほか、乳酸菌が入っているのも嬉しいところ。涼しみと甘味を堪能できる一品ですよ。

ちなみに、筆者が個人的に「おいしく食べるコツ」だと思っている食べ方があります。かき氷は少量、いちごとあずきは大量にスプーンに乗せて食べる方法。これ、濃くて美味。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

関連記事(外部サイト)