ローソン店員がラーメン二郎インスパイア系ラーメンを作ってくれるローソンに行ってみた

ローソンはコンビニエンスストアですが、実は、一部店舗でラーメン二郎インスパイア系ラーメンを作ってくれるローソンがあります。実際にローソンに出向いて、ローソン店員が手作りしてくれるラーメン二郎インスパイア系ラーメンを食べてみました。

買うにはコツが必要

ラーメン二郎インスパイア系ラーメンを作ってくれる店舗は、『ローソン江北六丁目店』(東京都足立区江北6-3-20)。しかし、ローソンの店舗に入って「ラーメン下さい!」と伝えても買うことはできません。コツがあります。

出来立てのラーメン二郎インスパイア系ラーメンを受け取れる

『ローソン江北六丁目店』付近に行ったら、野外からグルメ宅配アプリ『UBER EATS』を起動。そして『がっつりラーメン 豚六三』(ぶたろくじゅうさん)という店舗を探し、そこからラーメンをオーダーします。

受け取り場所を『ローソン江北六丁目店』の敷地内にしました。そうすれば、出来立てのラーメン二郎インスパイア系ラーメンを受け取れる!!

麺は茹でたりスープを吸うとさらに巨大化

今回オーダーしたのは、『半熟卵と野菜3倍盛り豚六三ラーメン』(1930円)。麺は230グラムで、野菜は600グラム、豚バラチャーシューは90グラムとのこと。麺は茹でたりスープを吸うとさらに巨大化するので、より重量が増すかもしれない。

本当はその場で食べたかった

待つこと数分、『UBER EATS』のスタッフがローソンからラーメン二郎インスパイア系ラーメンを持って出てきました! さっそく受け取り、持ち帰ることに。本当はその場で食べたかったのですが、電子レンジ加熱が必要なため、今回は持ち帰りました。

菓子の『ハッピーターン』が手紙に添えられていた

持ち帰ってさっそく開封。なんと、ローソン店員からのお手紙もついていました。そこには「ご注文いただきありがとうございます またのご利用をお待ちしております!!」と書かれています。

しかもお菓子の『ハッピーターン』が手紙に添えられていました。優しい。とことん優しい。優しすぎる。誰にも愛されていない被害妄想満載の筆者にとって嬉しい手紙。

ラーメン二郎と大きく違う点

ラーメン二郎インスパイア系ラーメンは「シャキシャキモヤシと麺」と「味が染み込んだモヤシとスープ」がセパレートになっていて、電子レンジで温めてからひとつにまとめて食べます。

麺はかなり黄色で、そこはラーメン二郎と大きく違う点かもしれません。

ローソン店員のラーメン二郎インスパイア系ラーメンを作る腕

その味は……、うまい! スープはラーメン二郎を彷彿とさせる濃くて強めの旨味。そこにシャキシャキモヤシを浸して食べれば、もはや気分はラーメン二郎。

ローソンがここまでラーメン二郎に近い味を作ってしまうとは驚きです。ローソン店員のラーメン二郎インスパイア系ラーメンを作る腕、素晴らしいです!

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?