神田小川町で濃度Maxの煮干ラーメン! これは津軽煮干の名店からニボラーへの挑戦状だ!

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。青森に“津軽煮干ラーメン”というご当地ラーメンがあります。札幌や博多ほどの知名度はありませんが、歴史は長く、大正時代から続く筋金入りのご当地ラーメンだったりします。

現地に行けばたくさんのお店がありますが、東京で食べるとなるとなかなかお店がないのも事実。そんな中で昨年、津軽煮干の代表格“長尾中華そば”が神田の小川町に進出しました!

歴史的に古いあっさり系の煮干ラーメンから、煮干に魅せられた“ニボラー”を魅了する濃厚系まで煮干一本で勝負しています。

今回はそんな中でもいちばん煮干パワーがさく裂している裏メニュー『ごぐにぼMax』をご紹介します!

銀色を超えた灰色のスープはもはや固体レベルの濃度。豚骨に大量の煮干を合わせて、想像を遥かに超える煮干感が口の中に広がります。これは悶絶レベル!!

麺は太めのストレート麺で、食べごたえあり!

ライスを一緒に注文し、スープをかけながら“にぼめし”を楽しむのもオススメ!

煮干の力を五感で感じられるスペシャルな一杯。ぜひ堪能あれ!

長尾中華そば 神田店
東京都千代田区神田小川町1丁目7
03-5577-4655

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』