スムースな口当たりがアイス向き! 本格志向『プレミアムボス コーヒーハンターズセレクション』を飲んでみた

2019年5月28日に発売となったサントリー食品の『プレミアムボス コーヒーハンターズセレクション』。「“コーヒーハンター”Jos?(ホセ)」として知られる株式会社ミカフェートの川島良彰氏と共同開発した本格派のアイスコーヒーで、豆の選定や輸送手段、焙煎などまでこだわり抜いていながら、希望小売価格が750mlで298円(税抜)に抑えられています。

エルサルバドル国立コーヒー研究所に留学し、大手コーヒー会社で農園開発に従事。独立後には『Grand Cru Caf?(グラン クリュ カフェ)』を送り出した川島氏が『BOSS』と関わることになるのは意外な印象ですが、サントリーによるとコロンビア・ウィラ地区のアルマカフェ認証高級豆を使用、品質を保つために定温コンテナで輸送し、定の室温で保管することが絶対条件だったとのこと。さらに、2018年より本格稼働した海老名工場の深煎り焙煎と、『プレミアムボス』シリーズで培われた微粉砕コーヒー豆でコクと香りを引き出しているといいます。

コクと酸味のバランスが良く、フルーティーな香りとクリーンで飲みやすい味わいだというコロンビアの豆は、苦味が軽めで酸味も少なめ。『無糖』はすっきりとした口当たりで、『甘さ控えめ』の方はややコクが立った味わいになっています。グラスに氷を多めに入れて飲むと、コーヒーショップさながらの一杯を楽しめます。

試しに電子レンジで温めて飲んでみましたが、華やかな香りを損なうことがなく、すっきりとしつつも存在感のある味わいに。温度が変わるとより酸味が気になるコーヒーが多い中、最後までクセが少なく口当たりが柔らかいあたり、徹底された品質管理を実感できました。

「とにかく自宅でも美味しいコーヒーが飲みたい!」という人は要チェックな『コーヒーハンターズセレクション』。特に飲みやすさを重視してコーヒーを選んでいるという人におすすめです。

プレミアムボス コーヒーハンターズセレクション(サントリー)
https://www.s-boss.com/premium/ [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)