「どん兵衛マシマシ篇ガチ豚ニンニク」のスープで作るチャーハンがウマすぎてトキメキが止まらない! ニンニク香りまくる和風だし炒飯

昔ながらのラーメン屋ではラーメンとセットでチャーハンを食べるのが最高に幸せですよね。ラーメンを大盛りで注文するなんてもったいない。胃袋に余力を残し、ラーメンのスープとチャーハンの組み合わせを存分に堪能するのがオツというものです。

「どん兵衛マシマシ篇ガチ豚ニンニク」のスープで炒飯を作ると激ウマ!

チャーハンの味付けにはラーメンのスープを使うと本格的な味に仕上がりますが、最近注目を集めまくっているあのカップ麺のスープを使ってチャーハンを作ると驚くほど激ウマ化することが判明しました。

あのカップ麺とは“二郎系どん兵衛”、“日清公式どん二郎”とも称される「どん兵衛マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」(以下、ガチ豚ニンニク)。ラーメン二郎を彷彿とさせるほどガツンとニンニクが効きまくったスープが特徴的な一品で、10月8日から全国のセブン-イレブンで発売されています。

ガチ豚ニンニクのカップの底には大量の刻みニンニクが沈んでいます。まずは普通にガチ豚ニンニクを食べてしまい、スプーンなどを使ってスープと一緒に底に溜まった大量の刻みニンニクを取り出しましょう。

軽くすくっただけでもこれだけ大量の刻みニンニクが。これをそのまま捨てちゃうなんてもったいないでしょ!

というわけでまずは塩コショウベースでチャーハンを作り……

仕上げにガチ豚ニンニクのスープを投入!

そのままチャチャッと炒めて完成。実に美味しそうな感じに仕上がりました。

ニンニクの尖った香りを和風だしの優しさが包み込む絶品チャーハン

ラーメン二郎を彷彿とさせるスープが特徴的なガチ豚ニンニクですが、チャーハンに使うと強調されるのは意外にもニンニクではなくどん兵衛の和風だしの味。甘く優しい味がニンニクの尖った香りを優しく包み込み、これ以上ない完璧なバランスで別の料理へと昇華しています。これはウマい!

口の中に広がるのは和食の繊細な味。しかし食べ終えた後に突き抜けるのはニンニクの刺激的な存在感。こんなにも胸がときめくチャーハンがこの世に存在するとは。とにもかくにもスプーンが進む。なんともクセになる美味しさです。

ラーメン二郎の店舗ではそもそもラーメンがボリューミーすぎて一緒にチャーハンを食べたいなんていう気持ちにはなれませんが、ガチ豚ニンニクのボリュームならチャーハンと一緒に食べるという選択肢も大いにアリ。しかもそのチャーハンをガチ豚ニンニク風味に仕上げられるのですから最高です。

セブンの冷凍チャーハンに垂らして食べても激ウマ!

このチャーハンを作るためには先にガチ豚ニンニク1個を平らげなければいけませんが、ラーメン二郎のラーメンと比べたら大人と子供のようなもの。ぜひお腹をペコペコに空かせてダブルで食べちゃいましょう。

チャーハンを作るのが苦手だったり面倒だという場合は、同じくセブン-イレブンで販売されている冷凍チャーハンを一緒に購入し、スープを軽く垂らして食べるのも最高です。ぜひ試してみてください。

(執筆者: ノジーマ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』