ストロングゼロレモンに「午後の紅茶 おいしい無糖」を入れるとヤバイ!! 香り高いレモンティー味で永久に飲める激ウマアルコール爆誕

2019年の日本では空前のタピオカミルクティーブームが巻き起こりましたが、そのブームとは対象的に甘さ控えめの紅茶が飲料トレンドとなっているそうです。

国内唯一の紅茶関連業者の団体である日本紅茶協会が発表したデータによると、2019年7月時点の紅茶輸入量も前年度比で約10%増加しているそうで、これも各飲料メーカーがペットボトルの紅茶飲料を発売して売上が伸びていることに起因しているらしく、紅茶市場自体も前年比113%と拡大しているのだとか。

今回はそんなペットボトル紅茶飲料「午後の紅茶」を使った、ヤバすぎるほど飲みやすいお酒のアレンジレシピを紹介します。

ストロングゼロレモンに「午後の紅茶 おいしい無糖」を入れると激ウマ!

特にイチオシなのが「午後の紅茶 おいしい無糖」ストロングゼロレモンを1:1くらいの割合で混ぜて作るアルコールドリンク。こちらの「午後の紅茶 おいしい無糖」は今年の6月に味のリニューアルをしてダージリン茶葉の風味が格段にアップ。売上も前年比2割増となっているそうですが、アレンジレシピの素材としての使いやすさも飛躍的に上がりました。

レモン感の強いストロングゼロレモンに「午後の紅茶 おいしい無糖」を混ぜ合わせると、その味はすっきりと飲みやすく香り高いレモンティーそのものに。余計な味はほとんどありません。単純計算でアルコール度数は4.5%もあるのに、まるでカフェで飲んでいるアイスレモンティーのような味わいになっているのです。

おいしすぎて飲みやすすぎるからこそ、ついつい飲みすぎてしまうヤバいアルコールドリンクともいえるでしょう。くれぐれも飲み過ぎには気をつけてお楽しみください

ストロングゼロドライに「午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」を入れても激ウマ!

同じく「午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」とストロングゼロドライを混ぜ合わせても最高です。こちらは今年の3月に発売されたミルクティーなのですが、タピオカミルクティーとはまさに対照的な甘さが丁度いいミルクティーとして特に30代〜50代女性からの支持を集め、発売から5か月で4200万本を売り上げる大ヒットとなりました。

こちらも甘さが控えめで豊かな香りが特徴的なミルクティーなので、お酒で割るのに最適なのです。

ストロングゼロドライと1:1くらいで割ってみると今度はミルクティーそのものの味とはいきませんが、紅茶の風味もしっかり感じられ、ミルクとストロングゼロドライの味が混ざって乳酸菌飲料のような味わいに。非常に飲みやすくもありながらも、ほどよくクセもある。好きになる人はとことん好きになっちゃいそうなアルコールドリンクです。

年末年始は家でゆっくり過ごすという方は家飲みをする機会も増えることでしょう。2019年に流行した紅茶ドリンクのアルコールアレンジを楽しみながら2019年を振り返ってみてはいかがでしょうか。

(執筆者: ノジーマ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』