餃子の有名店・神保町“三幸園”のもう一つの激ウマメニューとは?

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。ラーメンライターという職業柄、新店の食べ歩きはもちろんやっているが、このところ“町中華”の食べ歩きを改めてやっている。老舗の閉店を機に改めて始めた町中華巡りだが、ここ最近は若い女性からの人気が集まるなど、町中華人気が再燃。新たなムーブメントが起こっている。

町中華の代表的なエリアのひとつに神保町が挙げられる。半チャンラーメン発祥の地として語られることが多いが、餃子の名店“三幸園”の存在も忘れてはならない。

創業は1956年(昭和31年)と古く、当時から変わらぬ味を守っている。何と言っても人気メニューは焼き餃子で、店内の餃子率の高さ、おかわり率の高さは都内トップクラスだ。

皮は香ばしく焼き上げてあり、肉汁たっぷりで甘めに仕上げた餡がまた最高。何個でも食べられてしまう魔法の餃子だ。

ここはメニューが100以上もあり、どれも旨いのだが、最近見つけてしまった最強メニューを紹介しよう。

青椒肉絲である。

豚肉の細切りに細タケノコ、ピーマンをたっぷり使い、ボリューム満点な一品に仕上がっている。この盛り! この照り! 最高だ。

豚肉、タケノコ、ピーマンそれぞれの食感の違いを上手く出していて、箸とビールが止まらない一品になっている。

“三幸園”ファンの皆さんもぜひ次は青椒肉絲、お試しいただければと思う。

楽しい町中華ライフを!

三幸園 白山通り店
東京都千代田区神田神保町1丁目13
03-3291-8186

画像:三幸園ウェブサイトより引用
http://www.sansou-gr.co.jp/shop/index2.html

(執筆者: 井手隊長)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』