限定缶発売&マイレージキャンペーン予定! サントリー『-196℃』ブランドが最新年間販売数量でギネス世界記録に認定

缶チューハイ市場で確固な地位を確立しているサントリースピリッツの『ストロングゼロ』をはじめとした『-196℃』ブランドが、「世界最大のスピリットベースRTD飲料(最新年間販売数量)」としてギネス世界記録世界売上No.1チューハイとして認定されました。

ギネス世界記録の登録概要は以下の通り。

・記録名:「世界最大のスピリットベースRTD飲料(最新年間販売数量)」
・正式英語記録名:Best-selling spirit-based RTDs brand – RSP, retail current
・認定数値:2億4351万4600リットル(推定)
・対象年度:2018年

2005年に登場した『-196℃』は、サントリー独自開発の果汁に加えて果実をまるごと液体窒素で瞬間凍結させる「-196℃製法』により、それをパウダー状に粉砕し原酒に浸透させることにより果実の美味しさや香りを実現しています。

2009年に発売された『-196℃ストロングゼロ』以降、「食事に合う缶チューハイ」としての支持が高まり、2015年にアルコール度数が9%になったこともありさらに人気が上昇。ネットでも「ストロングゼロ文学」といったムーブメントが起こるなど、身近な酒文化として定着した感があります。

『-196℃』ブランドの年間販売数は2019年は前年を超えることが確定。ということは、ギネス記録の更新も期待されるところなのではないでしょうか。

なお、今回のギネス認定に伴い、『-196℃ストロングゼロ』の限定缶が2020年4月下旬より順次発売になります。また、『-196℃ストロングゼロ〈ダブルレモン〉』『-196℃ストロングゼロ〈ドライ〉』を対象としたマイレージキャンペーンを2020年6月29日から2020年9月15日まで実施する予定となっています。

『-196℃ ストロングゼロ』(サントリー)
http://suntory.jp/196/strong/ [リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)