くら寿司のハロウィンスイーツで大阪万博ロゴマークを連想する人たち 「いのちの輝きくん意識してるよね?笑」

回転寿司チェーン「くら寿司」は、10月29日(木)〜10月31日(土)までの期間限定でハロウィン限定メニューを販売。その一部がネット上をザワつかせています。

大きな目玉がインパクト抜群の「ふわ雪ギョロっとモンスター」(280円)は、果肉入りのいちごソースがたっぷりかかったふわふわなかき氷に、“目玉大福”をトッピング。もちもちとした食感の大福を割ると中からいちごソースが流れ出る、ハロウィンならではの演出も。

こちらの目玉大福は「追い目玉」として4個200円で追加が可能。この赤いソースといくつも目玉が並んだビジュアルに、2025年開催の大阪・関西万博の公式ロゴマーク、通称「いのちの輝きくん」を連想する人たちも少なくないようで……。

ネット上には以下のようなコメントが集まっています。

・追い目玉wwwwwwwいのちのかがやきやwwwwwwwwwwww
・絶対、いのちの輝きくん意識してるよね?笑
・くら寿司行ったらいのちの輝きが食べられるらしい
・くら寿司の命が輝き始めたか。
・いのち輝きすぎ

くら寿司は「お好みの盛り付けにアレンジして、皆様に楽しんでいただければと思います」としており、追い目玉でいのちを輝かせるお客さんが現れてもやぶさかではなさそう?

くら寿司のハロウィンメニューでは他にも、練りきりの和スイーツ「日本版ハロウィン」を1個200円で販売。いちごあんの「アマビエ」「河童」「からかさお化け」、こしあんの「ジャック・オ・ランタン」「三つ目小僧」「提灯お化け」の全6種をラインアップしています。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連記事(外部サイト)

×