『ホリエモンが食べられなかったあの”餃子”』の店がクラウドファンディングを経て復活! 協力したひろゆきさんも祝福

昨年2020年9月、実業家のホリエモンこと堀江貴文さんが広島県尾道の餃子店でマスク着用などをめぐりトラブルとなる。堀江さんはFacebookにその顛末を投稿したところ、お店が特定されも堀江さんもお店も大炎上となる。休業を余儀なくされたお店は、ひろゆきこと西村博之さんの勧めなどもあり通販での再起を目標に掲げクラウドファンディングを行う。大きな反響を呼び、当初の目標の5倍もの支援を受けることとなった。

参考記事:ホリエモン騒動の餃子店のクラウドファンディング終了! 当初の目標の5倍1500万円超の支援が約2千人から集まる
https://getnews.jp/archives/2863301[リンク]

その後、再起の準備やクラウドファンディングへの返礼などを進めていたようだが、2月19日にお店のTwitterアカウントは

本日開店しました。
予約販売開始!
クラウドファンディングの返礼品が終了次第、餃子の発送を開始します。
ネット通販サイト
http://o41gyo-za.shop[リンク]

とツイートを行い、なんとも美味しそうな餃子の写真等をアップした。

『ホリエモンが食べられなかったあの”餃子”』として売ればいいのでは等の提案を行い、また自らは10万円の支援を行っていたひろゆきさんはツイートを引用し

尾道名物の四一餃子の通販開始だそうです。
おめでとうございますー。

と祝福のツイートを行っていた。
昨年、「餃子」の中では多分に一番の話題となったであろう一品。気になるという方、チェックしてみてはいかがだろうか。

※画像は『Twitter』より

関連記事(外部サイト)