ポリ袋と電子レンジで…火を使わない「煮込みハンバーグ」レシピ

ポリ袋と電子レンジで…火を使わない「煮込みハンバーグ」レシピ

ポリ袋と電子レンジで…火を使わない「煮込みハンバーグ」レシピの画像

エアコンも効きづらく、すぐに地獄と化す真夏のキッチン。暑さの原因となる火を使わない“ノンファイヤー調理術”で、涼しく料理しちゃいましょうーー!

「コンロを使うと、すぐに暑くなる真夏のキッチン。でも、『電子レンジ』や『耐熱ポリ袋』を活用すれば、火を使わずに、本格的な料理が作れるんです!」

そう力説するのは、料理研究家のしらいのりこさん。5月に発売された新刊『ポリ袋でレンチンおかず』(主婦の友社)には、電子レンジと耐熱ポリ袋で作るおかずレシピが満載だ。

「“ポリ袋レンチン”なら、食材と調味料を耐熱ポリ袋に入れて、レンジでチンするだけでふだんのおかずが作れます。軟らかく仕上げたいお肉などは、“レンチン湯せん”がおすすめ。水を張ったボウルにポリ袋を沈めてチンし、15分放置するだけです」

いつもの材料はそのまま、火にかける工程をレンチンにすることで、火を使わずにおかずができるのだ。

■ノンファイヤー調理に必要なもの

【電子レンジ】加熱時間はW数に合わせる

最後に紹介するレシピの加熱時間は600Wの場合。もし、500Wの電子レンジを使用している場合は加熱時間を1.2倍、700Wの場合は0.85倍に。加熱が不十分だと感じたら、20〜30秒ずつ加熱して。

【耐熱ポリ袋】耐熱温度が 120度以上のもの

ポリ袋は、耐熱温度が高い高密度ポリエチレン(HDPE)製で、厚さ0.01mm以上の食品用ポリ袋を必ず使う。耐熱性が低いものでは加熱中に溶ける可能性がある。市販品では「アイラップ」が手に入りやすい。

【耐熱ボウル】耐熱ガラスかポリカーボネート製

直径20〜25cm、容量1.5〜2lのボウルを使う。湯せんをしない場合も、ポリ袋の受け皿として必ず使って。ガラスボウルが重くて扱いづらい場合は、ポリカーボネート製が軽くておすすめ。

■ノンファイヤー調理「煮込みハンバーグ」の作り方

ポリ袋レンチン4分+4分(500Wなら4分50秒×2/700Wなら3分20秒×2)

〈材料〉2人分

肉だね(合いびき肉…200g、玉ねぎのみじん切り…1/4個分(50g)、パン粉…大さじ4、牛乳・マヨネーズ…各大さじ1、塩…小さじ1/4)
しめじ…1/2パック(50g)
A(トマトケチャップ・ウスターソース・赤ワイン…各大さじ2)

〈作り方〉

【1】耐熱ボウルにポリ袋をのせて口を開き、ポリ袋に肉だねの材料を入れ、袋の上からよくもんで肉だねを作る。袋の底のほうに肉だねを寄せ、まん中に指で筋をつけて2等分にする。袋の上から両手でそれぞれを平たい円形にととのえる。再び耐熱ボウルにのせる。
【2】Aを混ぜてから回し入れ、しめじをほぐして加える。
【3】袋の口を手で持ってしっかり閉じ、調味料などが全体に行き渡るように両手で10回ほど振り、再び耐熱ボウルにのせる。
【4】袋の口は開けたまま電子レンジで4分加熱する。いったん取り出して、袋を軽くゆすって調味料をなじませ、再び4分加熱する。

■ノンファイヤー調理のポイント

【1】食材の重さを量る

電子レンジ調理の加熱時間は食材の重量によって決まる。ポリ袋レンチンの場合、100gで2分(600W)というのが目安。食中毒を防ぐため、加熱が不十分かもと感じたら、20〜30秒ずつ追加で温めて。レンチン湯せんの場合はレシピを参考に。

【2】爪やかたい食材でポリ袋をやぶらない

ローリエや粒こしょうなど、かたいハーブやスパイス類を入れてポリ袋をもむと袋がやぶける。材料をもみおわってから加えること。

【3】ポリ袋の口は縛らない

電子レンジ加熱をすると、袋の中の空気が膨張。その空気の抜け道を作るために、ポリ袋の口は必ず開けたままに。

【4】レンチン湯せん後の放置時間は15分まで

レンチン湯せんでは、電子レンジで加熱後、15分余熱でゆっくりと熱を通す。15分以上の放置は、雑菌が繁殖しやすくなるので禁物。

【5】ポリ袋レンチンでは途中で取り出して混ぜる

加熱ムラを防ぐには、途中でいったん取り出して混ぜるのがポイント。

「台所が暑くならないだけでなく、コンロも換気扇も汚れないし、洗い物もほぼなし。 ポリ袋の中で味がしみこむから減塩もできます。暑さを我慢せずに、あったかい料理を楽しんでください」

ノンファイヤー調理術で、今年の夏は汗だくキッチンから卒業だ!

関連記事(外部サイト)