おうちで薬草を育てる方法を専門家が伝授、今なら秋に収穫

おうちで薬草を育てる方法を専門家が伝授、今なら秋に収穫

おうちで薬草を育てる方法を専門家が伝授、今なら秋に収穫の画像

暮らしを見直す機会となったコロナ禍で、注目度が急上昇したのが「薬草」。じつは身近な植物が多く、育てやすく、日々の生活で無理なく使えるのだ。不調のお守りになる“クスリ”を自宅で楽しく育ててみよう。

「薬草とは、その名のとおり、薬用となる植物。地上に出ている茎や葉を指してハーブと呼びますが、根や実、皮など、そのすべてを含んだものです。日本でも、薬草は昔から暮らしや文化のそばにありました。たとえば、家族の健康を願ってお正月に飲むオトソには、解熱作用のあるニッケイ、せきやタンを抑えるキキョウなど、体にいい薬草がたくさん使われていますし、ほかにも胃腸の疲れをとる七草がゆ、ドクダミ茶、ヨモギもちなど、挙げたらきりがありません」

そう話すのは、好きが高じて薬草を仕事にした新田理恵さん。なぜ、今また薬草が注目を集めているかといえば、“地域の食”が見直されてきているからだという。

「世界的な流れでもあるのですが、『身近にこんなおいしいものがあったのか!』と、グローバル化が進むなかで忘れ去られてきた食材や食文化が再発見され始め、そこには必ずといっていいほど、薬草が関わっているんです。昔から食べられてきた理由は、その土地で生きるヒトの体に必要だったからであり、当たり前のことなんですよね。“苦い”イメージが強いですが、味わいも香りもじつにさまざまで、それがあるからこそのおいしさになっています。私が日本の薬草にこだわるのは、同じ気候風土で育ったものが、やはりいちばん自分の体に合うから。とり入れてみると、じわじわと体が変わってくるのを感じます」

体によくておいしいのなら、もっと知りたくなるというもの。

「コロナ禍で、家での暮らし方や自然のよさ、あるべき姿などが見直されているので、今後ますます薬草の人気は高まっていくと思います。勝手に摘んではダメですが(笑)、道端にも生えているし、ガーデニングセンターに行けば、簡単に手に入ります。繋殖力も強く、育てるのも難しくありません。広いスペースがなくても、キッチンやベランダでも育てられるので、ぜひ試してみてください」

そこで、代表的な3つの「おうち薬草の育て方」と「女性におすすめの薬草」を紹介。上手に育てるポイントは、いつでも状態がわかるよう、目につく場所に置くこと。

■苗から育てる

ポットの苗を購入して育てる、いちばん手軽な方法。ポットのままでは小さいので、ひとまわり大きな鉢に移植する。用意するものは、鉢、鉢底ネット、赤玉土、培養土。

(1)まずは鉢底ネットを適当な大きさにカットし、鉢穴の上にのせる。赤玉土を鉢の底から2cmほどの高さまで入れる。

(2)赤玉土の上に培養土を重ねる。量の目安としては、苗を入れたときに、苗の土の表面が鉢の縁から1cmほど下にくる程度。

(3)2の培養土の量は、事前に苗を鉢に入れてイメージを。その後、中央に苗を置き、まわりを培養土で埋め、水をたっぷり注ぐ。

■種から育てる

手間と時間はかかるものの、育てる楽しみはひとしお。用意するものはポット(直径7cm前後)、培養土、液体肥料、トレイ。ある程度育ったら、「苗から」と同様に移植する。

(1)ポットの2/3程度の高さまで培養土を入れたら、水を注ぐ。その際、底穴から茶色い水が流れ出てくるまで、たっぷりと。

(2)ポットひとつに、3〜5粒の種をまく。間隔をあけて置いたら、種が軽く隠れるくらいまで、再び上から培養土をかける。

(3)トレイにポットを並べ、トレイに水を注いでポットの底から水を吸わせる。表面の土の色が変わればOK。

(4)トレイの水を捨て、強い風雨が当たらない軒先などに置く。土の表面が乾いたら、霧吹きなどで軽くうるおす。

(5)芽が出て葉が開いてきたら、1〜2つのみを残し、あとはハサミで切って間引く。液体肥料を少し与え、苗の成長を待つ。

■挿し木する

ニワトコ、ベニバナなどの枝ものは、苗から育てるよりも、挿し木が扱いやすくておすすめ。用意するものは、鉢、鉢底ネット、赤玉土、培養土、園芸用ハサミ。水をたっぷり吸わせるのが成功のカギ。

(1)元気のいい枝を選んで7〜10cmにカットする。水をよく吸収するよう、先は斜めに切る。

(2)半日以上水につける。「種から」と同様、土を準備して差し込んで水を注ぎ、根が張るまで日陰に置く。

■ウイキョウ(フェンネル)

〈効能〉セリ科の多年草で、夏に白い花は咲く。胃腸の調子を整える効果があるほか、食欲を抑える働きも。また、利尿・発汗作用があり、古くよりダイエットの薬草として知られてきた。

〈育て方〉日なたを好むが、キッチンで育ててもOK。乾燥に弱いので、土の表面が乾いたら、そのつど水をやる。

〈使い方〉甘くスパイシーな香りを生かし、おもにスパイスとして使用する。葉と花はフレッシュなまま、種は花の根元がふくらんできたら。花ごと収穫して乾燥させる。乾燥させた葉は薬草茶にも。

〈活用術の一例〉魚介料理の薬味にして胃腸を整える。種、葉、花を適量ちらしたり、エクストラバージンオリーブオイルやビネガーに漬けてフレーバー調味料にしても。シードオイルの場合は、小さじ2に対してオイル大さじ3が目安。

晩夏から秋にかけての収穫・活用を目指し、今すぐ始めよう。

「女性自身」2020年7月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)