入荷後すぐ売り切れに…!【最新コンビニ冷たい麺】セブン、ローソン、ファミマ3選

暑くなると食べたくなるのは冷たい麺。実は今、コンビニの冷たい麺が激アツ! セブンイレブン×「とみ田」、ファミリーマート×「千里眼」の各コラボにローソンからは糖質オフ麺使用の冷たい麺が発売中。実食レポートをお届けします!

入荷すぐに売り切れる! 個性が光る冷たい麺3選


お昼前、コンビニの冷たい麺コーナーは争奪戦。特に新作となるとあっという間に売り切れてしまいます。今回はそんな最新麺をピックアップして紹介します。

セブン-イレブン とみ田監修 濃厚豚骨魚介冷しW(ダブル)焼豚つけ麺 ¥594


千葉県松戸にある大人気ラーメン店「とみ田」監修のつけ麺。セブン-イレブンと「とみ田」のコラボは人気のシリーズなので、かなり期待が高まります!

蓋を開けると焼豚が2種も! しかもそのうち1種類はかなり大きい! テンション上がっちゃいます。これは、本店で人気の「焼豚の食べ比べ」を自宅でも楽しめるように再現したもので、ロースと肩ロースの2種類が入っているそう。

トッピングのトレーをとると、嬉しい仕掛けが。くっついている麺をほぐすためのお水がはいっています。このような細かな気配りってめちゃ嬉しくなりませんか。しかも、実際にこの水でほぐすと、その量が超絶妙だということが分かります。食べる前から感動しっぱなしです。

トレーにスープと具材をセッティングしてあとは食べるだけ! 本店でしか味わえないという特製調味料「味変辛味」は半分ほど入れてみました。麺は超極太でまるでうどんのようです。

麺をスープに入れるだけで、かなりしっかりとスープがからみつきました。ベースは豚骨魚介とのことですが、個人的には煮干しの香りが豊かで、魚介ベースが強めかなという印象です。

トッピングの肉はパサつかずジューシーで、2種それぞれの美味しさを味わえました。そして、「味変辛味」。半分ほど入れた状態は、私にとってピリ辛。ということで、残りの辛味をすべて入れると、うま辛に味変! スープをすべて飲み干したくなりました。

ローソン 裏切りの一杯 鶏の旨み! 冷し白湯麺 ¥530


「裏切りの一杯」って一体どういうこと? と思わずにはいられないネーミング。これは「糖質オフ麺なのにおいしい」ということから名付けたそう。そう、この麺は、使用する小麦粉の一部を食物繊維などに置き換え、なんと糖質40%オフなんです。

トッピングはもやし、水菜、フライドオニオン、ゆでたまご、チャーシュー。コンビニの冷たい麺って、空腹な時ほどスープを入れたらすぐにトッピングしたくなってしまいます。が、その前にスープで麺をほぐすのを忘れずに。

クリアな容器なので、それだけで夏らしさを感じます。

麺は細めで、食べるとコシは気持ち少なめ。しかし、それは「糖質40%オフ」ということをわかっているからこその先入観レベル。気になるスープは柚子風味の爽やかな鶏白湯。あっさりとしているのに、コクがあってツルリと食べきってしまいました。

ファミリーマート 千里眼監修 マシマシにんにく冷し中華 ¥598


東京駒場の話題のラーメン店「千里眼」監修の冷やし中華。

お店のようにまさに山盛り野菜とまではいきませんが、コンビニの冷たい麺のトッピングにしては、かなりの量の野菜が入っています。また「千里眼」を象徴するトッピング「辛揚げ」もちゃんとついています。

トッピング用にマヨネーズがついていたので野菜にかけました。食べる前からスープのニンニクの香りが鼻を刺激し、食欲をそそります。

トッピング前にスープで麺をほぐしているので、いい具合に味が均一になじんでいます。ニンニクのうまみがたまらない一杯です。

麺争奪戦、ゲットできたらラッキー


冷たい麺に限らず、コンビニの麺類はカップの大きさがあるから、それなりの販売スペースが必要。つまり、入荷数が限られているんです。お店にあれば、それはラッキー。この夏限定の味をぜひ堪能してみてください!

文・小田原みみ

文・小田原みみ

関連記事(外部サイト)