売り切れてる店も! 【マクドナルド】話題の「ビッグマック、グランド、ギガ」食べ比べ

値上げの嵐が吹き荒れている日本で、「値下げしてくれるなんて!」と称賛を浴びているのがマクドナルドのビッグマック®セット。今なら通常価格(?690)より140円もお得な?550で食べられます。加えて、グランドビッグマック®、ギガビッグマック®のセットも期間限定で復活したとか。そこで、この3種類を食べ比べてみました。

【マクドナルド】話題の「ビッグマック®、グランド、ギガ」食べてみた


マクドナルドのフライドポテトは大好きだけれど、バーガー類はまぁまぁ好きレベルの筆者。これまで注文するとしたらハンバーガーかチーズバーガー、フィレオフィッシュにスパチキ、てりやきといったところを攻めていました。ビッグマック®は、数年前に家族が食べているのをかじったくらい。その時の味の記憶はとっくにないので、まっさらな状態で食べ比べてみます。

ちなみに、セットの基本的な内容は、各バーガーにポテト(M)とドリンク(M)が付いたもの。ポテトもドリンクもサイズのアップダウンが可能です(価格はそれぞれ変わります)。

ビッグマック®


まずは、オーソドックスなビックマック®からいきます。ざっと測ってみるにバンズの直径は約9.5cm、高さは約7.5cm。横から見ると真ん中にもバンズが挟んであります。

上段はビーフパティ1枚とピクルス2枚、刻んだレタスがオン。下段にもビーフパティが1枚と刻みレタスがサンドされていますがピクルスはなく、その代わりにプロセスチーズ1枚乗っています。上下段ともにマヨネーズの色に少しだけオレンジがかったソースがたっぷりと塗られています。ビッグマック®といえば、このソースが大きなポイントですよね。ビックマック®特製ソースと呼ばれていて、サウザンドレッシングのような酸味が特徴的です。

レタスのシャキシャキ食感とピクルスの酸味もいいアクセントで、パティが計2枚というわりにはさっぱりと食べられました。今まで食べてきたバーガーよりも野菜が多いので栄養バランス的にもいいのでは? とも思いました。

栄養といえば、マックを食べる日はカロリーや脂質などは気にしない! という人も多いと思いますが、せっかくなので公式HPより代表的な栄養成分を抜粋してご紹介します。

標準製品重量:217g/個 エネルギー525kcal たんぱく質26.0g 脂質28.3g 炭水化物41.8g

20〜30代の女性の1日の推定エネルギーは約2000kcal、各栄養素の摂取目安はたんぱく質は50g(推奨量)、脂質は20〜30(%エネルギー)、炭水化物は50〜65g(目標量)とのこと(※1)。ちなみにポテト(M)のカロリーは約400kcalなので、3食のうち2食を軽く済ませれば思ったより、ヤバい! ということにはならなそうです。

※1「日本人の食事摂取基準(2020年版)」より。

単品?390 バリューセット?550(〜6/14。以降は?690)

グランドビッグマック®


続いては、3種類のうち目視で2番目に大きいと思われるこちらを試食。公式HPにはバンズとビーフパティがビッグマック®の1.3倍(※2)超えとあります。ざっと測るとバンズの直径は約11cm、高さはビッグマックより少し低い約7cmくらいでした。横から見ると、ビッグマックと同様に真ん中にバンズがあります。

めくるとパティが1枚にピクルスと刻んだレタス、特製ソース。ここまでは大きさは違えどビッグマックと同じ構成。ですが、下段の構成に変化がありました。パティは1枚、刻みレタスと特製ソースも同様ですがプロセスチーズが2枚に! そのせいか、ビッグマックよりも塩気が強く感じられました。量としては、すっごくお腹を空かせて食べれば完食できます。でも、塩気が、塩気が…。普段、薄味を好む性質でもあるため、しょっぱさにヤラれました…。

ちなみに、栄養成分は次の通り。気にしない人はスルーして、次のギガを読んでください!

303g/個 783kcal たんぱく質39.7g 脂質43.6g 炭水化物57.8g

単品?550  バリューセット?850

※2 焼成前重量比

ギガビッグマック®


最後です。持ったそばから、先の2つよりずっしりと重さを感じます。バンズの直径は約11cm、高さは約8cm。公式HPによると、どうやらパティのサイズはグランドと同じだけれど、枚数が異なるようです。真ん中にバンズはちゃんとあって、安心の存在感です。

じゃーん、上段のパティが2枚でした! もはやおなじみのピクルスと刻みレタスも特製ソースもオン。そして下段は…。

じゃーん、こちらもパティが2枚! チーズも2枚(これはグランドと一緒)! 刻みレタスと特製ソースも程よくあります。つまり、ギガの大きな特徴のパティの数は計4枚ということになります。食べてみると、先に食べた2つよりも、当たり前ですがよりいっそうお肉がメインという感じ。ジューシーだし、うまみもあるし、おいしいはおいしいんです。数量限定でもあることから、一部店舗ではすでに売り切れという情報もあり、人気のほどがうかがえます。

でも…食べ盛りでもない、運動ビシバシやる系でもない、ごく一般的な女性の筆者が思ったのは、こんなにお肉を多くして何なのだろう、ということ。

肉の量がハンパない! というメリットと、肉に対する野菜の割合が少なくなる、後に紹介するカロリーが高くなる、そしてただでさえ食べるのに奮闘するのにさらに食べづらくなる、といったデメリットを天秤にかけると、筆者は後者のほうが重くなってしまいました。ですが、食べづらさの点では、包み紙に変更できる裏ワザ(※3)もあるのでいくらか解消されるかもしれません。

ではこちらも栄養成分をさらりとご紹介します。エネルギー、すごい!

402g/個 エネルギー1073kcal たんぱく質62.1g 脂質65.9g 炭水化物57.8g

単品?760 バリューセット?1060

以上、ビッグマック®、グランドビッグマック®、ギガビッグマック®の食べ比べでした。単品価格を比較すると紹介順で?390、?550、?760。ビッグマック®とグランドの違いはパティの量(1.3倍)とチーズの枚数(1枚2枚)で価格は160円の差、グランドとギガの違いはパティの枚数(2枚4枚)で210円の差、ビッグマック®とギガの違いはパティの量と枚数(1.3倍、2枚4枚 )、チーズの枚数(1枚2枚)で370円の差があります。

内容と価格を比べたところでも、筆者の考えは変わらないですね。トータルで考えると、なんだかんだでビッグマック®が適量でおいしい! と思いました。また来週にでも食べたいと思います。みなさんの参考になれば幸いです。

※一部店舗及びデリバリーサービスはキャンペーン対象外。※朝マック販売店舗では10:30からの販売です。※ビッグマックの通常セット価格?690とは、平日10:30-14:00以外の価格です。※期間中は平日10:30〜14:00のひるまック時間帯も550円にて販売。※ギガビッグマックは数量限定で、販売終了となっている店舗も一部あります。

文・田中亜子

関連記事(外部サイト)