朝4時から営業も! “京都の朝ごはん”おすすめ和食店6つ

京都を訪れたら、やっぱり外せないのが和の朝ごはん。しみじみと心も温まる味わい深いだしや新鮮な旬野菜のおばんざいをゆったりといただけば、街歩きもパワフルにできそう。

やさしい味にホッ。和の朝食で元気をチャージ。


KIZAHASHI(きざはし)


TEL:075・351・0700[京都駅]

今年1月に開業したハイグレードホテルの日本料理店。一番だしの旨みが冴える「迎え出汁」に始まり、炭火焼きの焼き魚、こだわり卵のだし巻きなど丁寧な仕事の品々は至福のひと言。1人用の釜で供され、目の前で炊き上がるツヤツヤのご飯は、煮えばなと蒸らし後の2度楽しみたい。ご飯のほかお粥も。和朝食¥3,800(サ10%別)。

下京区東塩小路町570 THE THOUSAND KYOTO 2F 7:00〜10:00LO、11:30〜14:30LO、17:30〜21:00LO 無休 全60席。

伊右衛門(いえもん)サロンアトリエ京都


TEL:075・744・6451[下河原]

3月に烏丸三条から移転リニューアルした日本茶カフェ。坪庭を眺められるカウンターなど、清々しい町家の空間で、滋味深いごはんが楽しめる。鶏だしで炊き上げ、九条ねぎやショウガなどをのせた朝のお粥は、風味豊かでサラサラと軽やか。おばんざい2種と香の物を添えた香味粥御膳¥1,200。+¥100で肉粥や海鮮粥も。

東山区八坂鳥居前下ル清井町481−1 8:00〜23:00(朝ごはんは〜10:30LO) 不定休 朝ごはんはこのほか、伊右衛門釜炊きごはん御膳¥1,800なども。

いっかくじゅう 四条新町店


TEL:075・708・5536[四条新町]

オフィス街で人気のお好み焼き・鉄板焼き店が、朝6時からおにぎりの朝ごはんを提供。契約農家のお米を使ったモチモチ食感のご飯を、注文後に握ってくれるおにぎりは、塩むすび+おじゃこなど日替わりの計3個。巻かれた海苔も肉厚で香りよく、赤だし、サラダ、漬物付きのセットで¥500(税込み)のリーズナブルさも嬉しい!

中京区小結棚町435 ジェイ・プライド四条烏丸1F  6:00〜23:00(22:00LO) 無休 カウンターのほかテーブルや座敷も。おにぎりは持ち帰り可。

京の百市百座 鍋小屋宝蔵(きょうのひゃくいちひゃくざ なべごやほうぞう)


TEL:075・311・9515[丹波口]

京都中央卸売市場の場外エリアにあるこちらが提案するのは、おばんざいビュッフェの朝ごはん。青菜のおひたしや筑前煮など、野菜がふんだんなおばんざい8種に冷や奴、漬物、京都産コシヒカリのご飯や味噌汁もお代わり自由! 驚くほど厚みのある鮭は、目の前の炭床で炙って味わえるのも魅力。朝ごはんビュッフェ¥1,200。

下京区朱雀宝蔵町74 7:00〜11:00 水・日曜休 元冷凍倉庫の跡地を利用したバーベキュー施設の一角。今年3月オープンながらレトロな雰囲気。

早起亭(はやおきてい)うどん


TEL:075・761・0091[聖護院]

製麺所のガレージの一角で、朝4時(!)から味わえるのは、細めでやわらかな京風うどん。聖護院の清らかな湧き水でとった薄味のだしがよくなじみ、朝の胃袋にやさしくおさまる。湯葉や椎茸、三つ葉入りのしっぽくうどん¥500は、シンプルに見えて食感と風味のバランスが見事。店は疏水沿いなので、行き帰りの散歩も心地いい。

左京区聖護院蓮華蔵町9 4:00〜13:00 水曜休 卵でふんわりとじた、おかあちゃんのうどん¥400(すべて税込み)もおすすめ。

LORIMER KYOTO(ロリマーキョウト)


TEL:075・741・6439[五条]

ニューヨーク・ブルックリンで、鮮魚メインの定食店などを展開する日本人オーナーが、そのコンセプトを逆輸入。鯛など日替わりの魚は、ハーブを香らせた塩水につけてオーブンで焼き上げた塩焼きなど、調理法も多彩。みずみずしい風味が食を進ませる。魚料理と旬野菜たっぷりの品々をワンプレートに盛り込んだ、一汁五菜¥2,000。

下京区東洞院通六条下ル橋詰町143 7:30〜13:30(13:00LO) 不定休 一汁三菜¥1,500。魚がテーマの料理教室(要予約)も開催。

※『anan』2019年7月17日号より。写真・福森クニヒロ 吉村規子 わたなべよしこ 文・本庄 彩

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)