パリの大人気店が吉祥寺に! “パンダイニング”話題の4店

ここ最近、女子の間で話題なのが、パンダイニングで過ごすこと。焼きたてパンをその場で食べられるだけでなく、シェフ自慢の料理と一緒に食事を楽しんだり、アルコールを合わせて大人の時間にひたったり。お店メイドの焼きたてパンのおいしさを引き立てる、きっちりと手をかけた料理も自慢のパンダイニングをご紹介。

早い夕食にも重宝。パリの名店が上陸。LIBERTE PATISSERIE BOULANGERIE(リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー)


パリの本店はオープンして3年で、パリで大人気のパン店と評されるほどの実力店。日本一号店のこちらには、本店にはないダイニングスペースが2階にある。朝は購入したパンをイートインが可能で(1ドリンク注文)、11時以降は料理にお代わりOKのパンが付くスタイルに。女子から支持率が高いのは、3種類のデリとサラダをどっさり盛り付けたプレート。赤タマネギのマリネやスパイス香るキャロットラペなど、食べるほどにパンが進む。早めの夕食にも便利。

3種のデリプレート¥1,350。ほかに、肉、魚のプレートも。

東京都武蔵野市吉祥寺本町2−14−3 TEL:0422・27・6593 9:00〜19:00(食事は11:00〜) 無休

ホテルのベーカリー自慢のパンと料理を。MORETHAN TAPAS LOUNGE(モアザン タパス ラウンジ)


使い勝手抜群なのがホテル1階のこちらのラウンジ。朝と昼のビュッフェは同フロアの『MORETHAN BAKERY』のパンが食べ放題。カフェタイムにパンを買ってここで過ごしたり、ディナー利用でもパンの持ち込みがOKと自由度が高い。17時になるとバーカウンターに並ぶ「SUSHI PINCHOS」はぜひお試しを。寿司に見立てたひと口サイズのつまみで、バゲットに鰯の酢漬けや鶏レバームースなどをのせたもの。多彩なスパニッシュつまみでゆっくりするのも。

17時にピンチョスがカウンターに並ぶ。各1個¥250。

東京都新宿区西新宿4−31−1 HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku1F TEL:03・6300・0174 7:00〜23:00 無休

高加水パンの食感の虜。技アリビールもぜひ。JET BAKER(ジェット ベイカー)


同エリアでイタリアンを営むオーナーシェフが、独学でパン作りを学び開いたダイニング。“高加水”にこだわり、基本のパン生地はひとつ。黒胡椒とカシューナッツ、ヨモギと大納言など、混ぜ込む素材を変え、毎日焼き上げる5〜6種どれもが、ふっくら、もっちり、しっとりの三拍子が揃ったパン。ラグーをたっぷり添えたアリスタ(豚のロースト)など、パンと好相性の料理に加え、特筆すべきはビールのおいしさ。注ぎ方で味が変わる職人技をぜひ体験して。

極厚豚のアリスタ¥1,300、パン盛り合わせ¥600〜、生ビールJET注ぎ¥700。

東京都中央区新川2−1−3 COSMY新川 TEL:03・6875・7084 11:30〜13:30LO、17:30〜21:30LO(土曜21:00LO) 土曜昼と日・祝日休

“パン飲み”に訪れたいニューカマー。BARTIZAN Bakery & Cafe(バルティザンベーカリーアンドカフェ)


店で酵母を起こして育て、毎日4種のパンを焼き上げる。国産小麦、水、塩のみを使い、小麦本来の風味を味わえる「バルティザン サワードウ」をメインに、モーニングはトーストで、ランチは肉や魚料理にパンを添えるなど、シンプルにパンのおしさを実感できるメニューが揃う。バルタイムのスタートは午後3時。ウフマヨや白レバームースから、肉団子のトマト煮や黒胡椒をきかせたソーセージまで。パンと合わせてつまみたいメニューが目白押し。

スモークサーモン&クリームチーズのタルティーヌ¥1,280。

東京都港区浜松町2−5−‐3 TEL:03・6402・3281 7:30〜23:00LO(土・日・祝日11:00〜21:00LO) 無休

※『anan』2019年10月2日号より。写真・MEGUMI 取材、文・池田祐美子

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)