【最新コンビニアイス】いますぐ買いたい!「真冬のコンビニアイス」6選

美味しくて手頃でちょうどいいコンビニアイス。クリーミー系、旬のフルーツ系、チョコ系とバラエティ豊富なピックアップです。コンビニ利用率高め、自称コンビニ愛好家のライターがセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの「アイス」を食べ比べてみました。さっそくコンビニに走りたくなるレポートです。

文・小田原みみ

旬のフルーツやチョコづくしのコンビニアイス


例年になく気温が高めの日が多いこの冬。極寒の日は中華まんを頬張りたくなりますが、寒くても暖かな日差しを感じると久々にアイスもいいなという気持ちになってきます。ということで、今週はコンビニで見つけたおススメアイスの紹介です。

江崎グリコ アイスの実 ¥194(税込)


1986年に販売スタートしたアイスの実。一度は食べたことがあるという方がほとんどではないでしょうか? そんなロングセラーアイスの新作フレーバーは、いちごが持つ本来のおいしさをより楽しめるように、初めて果肉練りこみ技術を採用。一粒食べると、いちごのフレッシュな甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。グンとバージョンアップしたアイスの実は数量限定発売。見つけたら即マストバイの美味しさです。

セブン-イレブン まるで濃密りんごを冷凍したような食感のアイスバー ¥138(税込)


セブン-イレブン限定アイスで人気の「まるで〇〇を冷凍したような食感のアイスバー」シリーズの最新作。スイカ、完熟マンゴー、完熟白桃などその時の旬のフルーツがフレーバーとなっていましたが、今回は「濃密りんご」。パッケージを見るとりんご果汁がなんと93%! ほぼりんごといっても過言ではありません。

このように2層仕立てで、見た目も蜜がたっぷりと入ったりんごのようになっています。一口食べるとシャリシャリっとして、果肉感はないのですが味はりんごそのもの。雑味がないスッキリとした爽やかな甘さです。内側の蜜のような部分は外側部分と比べるとほんのり甘みアップ。商品名を「濃密りんごを冷凍した食感のアイスバー」に変更しても違和感がないと感じました。

ロッテ 濃厚生チョコ ラムレーズン ¥237(税込)


チョココーティングではなく、濃厚な生チョコがラムレーズンアイスを包んでいます。だから口どけがトロ〜ッとしてなんだかリッチな気分に。対してアイスはライトな印象で、時々あらわれるシャリっという食感のラムレーズンに少しだけ洋酒が入っていていい香り。1パック2個入りで今日1つ、明日1つと思いつつ、美味しくて結局一気に2つ食べてしまいました。

ローソン ウチカフェ 贅沢チョコレートバー 薫るチョコミント ¥198(税込)


チョコミント系って夏のイメージがあるのでちょっと意外だったのですが、チョコミン党としては気にならずにはいられずピックアップ。

このアイスはチョコミントを食べる時のミントがス〜ッと鼻に抜ける、あのス〜ッがちょっと強め。というのも、このアイスに使われているミントは「初摘みミント」というその年の花が咲く前に最初に刈り取ったものだから。フレッシュなミントの香りが特徴です。これまで食べてきたチョコミントとは一線を画す風味なのでチョコミン党の方はぜひお試しを。

ロッテ ガーナチョコ&クッキーサンド 恋味いちご ¥151(税込)


チョコバーとクッキーサンドを一度に楽しめてお得な気分にさせてくれる人気のアイスから、春らしい新作が登場。コーティングのいちごチョコ、アイスともに甘めなのですが、いちごチップは甘酸っぱく、クッキーサンドはちょっぴりしょっぱい…。そう、それはまさしくいろいろな感情になってしまう恋の味 甘さしっかりなのでちょっと疲れたな〜という時におススメです。

アカギ フォンディ バニラ ¥238(税込)


バニラアイス、生チョコ、アーモンドというシンプルながら最強の組み合わせ。まず、バニラアイスは北海道産の生クリームを使用し、さらにバニラ香料は天然のバニラが使われているからコクがあって香り高い。また、生チョコは一口目から楽しめるようにアイス上部の方までしっかりと入っています。そして、このアイスで一番感動したのはローストアーモンド。これでもかというくらい贅沢にちりばめられていて、大満足の一品です。

旬がつまった冬のコンビニアイス


夏は氷菓が多くなりがちなコンビニアイスですが、寒い季節は氷菓、濃厚チョコ、クリーミー系とバラエティ豊かな気がします。寒くてもわざわざ食べたくなるような粒ぞろいのアイス、ぜひ試してみてください。

次回はバレンタイン直前なのでチョコ系メインのコンビニスイーツレポートをお届けする予定です。お楽しみに!

関連記事(外部サイト)