手みやげも「未来志向」のお菓子に…エシカルなスイーツ3選

スイーツライターのchicoさんが、今おススメの、体にも良く、社会や環境にも優しい、エシカル&ヴィーガン菓子を教えてくれました。

『8ablish スイーツPOP UP STORE』のyachiyo


有機米粉と有機メープルシロップを主原料に、有機栽培もしくは自然栽培の食材を使用した新感覚のクッキー。「ほぼ有機の食材を使った和の趣に満ちたフレーバーが魅力。みずみずしいゆずや、柔らかな味わいの太田酒造場の『辨天娘(べんてんむすめ)』の酒粕など、口どけとともに香りが溢れる! サクサクの口当たりも最高」。yachiyo晴 山椒、酒粕、抹茶、ゆずの4 種アソートパック¥1,900。

東京都中央区銀座3−6−1 松屋銀座B1 和洋菓子コーナー TEL:03・3567・1211(大代表) 10:00〜20:00(日・祝日〜19:30)※変更の場合あり 不定休

『GO! MUFFINS GO!』のマフィンとクッキー


動物性の食材を使わないヴィーガンシェフとして活動する雨宮麻衣子さんがヴィーガンスイーツを提案。卵、乳製品を使わず、国産の小麦粉やてんさい糖などを用いて焼き上げる。マフィンは季節替わりでさまざまな味が登場。「クッキーは、サクサク軽快な歯触りがやみつき。くせのない米粉がアーモンドの香りを引き立てる」。右・マフィン¥390 、左・米粉クッキー¥600(共に税込み)。

渋谷に2 号店も。東京都杉並区桃井4−2−3 小川ビル2F TELなし 12:00〜17:00(日曜11:00〜) 月〜水・金・土曜休

『LIFULL』のBamboo Galette


全国各地で「放置竹林」が増加し、社会問題となりつつある竹にフォーカス。福岡県にある竹林の竹と笹を24%使用し、笹塩と柚子をアクセントに加えた竹のガレットが完成。「バターのコクに竹の清廉な香りがほんのり。そっと香る柚子も爽やか。放置竹林を“食べる”ことで解決しようという発想がユニーク。しかも竹にしか出せない風味が新しい」。5個入り¥1,290(税込み)。

東京都千代田区麹町1−4−4 LIFULL Table TEL:03・6774・1700 10:00〜15:00 土・日・祝日休

スイーツライター chicoさん スイーツトレンドに精通し、雑誌やWebを中心にスイーツ記事の執筆や企画監修などを手がける。

※『anan』2020年4月15日号より。写真・村上未知 取材、文・鈴木恵美

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)