アゼルバイジャンのお菓子って? 日本で味わえる“世界の郷土菓子”3選

手みやげにすれば、必ず盛り上がる! 日本であまりなじみのない各国の郷土菓子を『anan』の連載「Food news」でおなじみ、スイーツライターのchicoさんが教えてくれました。

『郷土菓子研究社』の世界の郷土菓子


各国の郷土菓子を実際に食べて、味を伝える菓子職人・林周作さんが手がける、定番の4種類。「現地の人たちに直に教わった本格郷土菓子でありながら、日本人の舌に素直においしい味わいに作られているのがうれしい」。アゼルバイジャンのシェチェルブラ1個¥364、スペインのポルヴォロン4個¥273、スイスのバーズラーレッカリー6個¥545、インドのベサンラドゥ2個¥409。

Binowa Cafeで販売。東京都渋谷区神宮前6−24−2 原宿芳村ビル2F TEL:03・6450・5369 14:00〜20:00(土・日・祝日12:00〜18:00) 不定休

『トウキョウ ミタイワラ』のインド菓子


カラフルなインド菓子が常時20種類。おすすめは、ミルクを煮詰めて、ひよこ豆の粉や砂糖、ナッツ、スパイスなどを入れた「バルフィ」や、リンゴ型が愛らしい「ぺダー」。「現地感たっぷり。スパイス使いなど初めての感覚ながら、どこかあんこを思わせる懐かしさも」。上から時計回りに、カジュバルフィ250g¥800〜、ベサンバルフィ250g¥500〜、アップルペダー250g¥990〜。

昨年8月オープン。現地の職人が作るインド菓子店。イートイン可。東京都江戸川区西葛西3−14−3 TEL:03・6808・0777 12:00〜21:30 月曜休

『LESS』のパネットーネ


ミラノ発祥といわれ、イタリアのクリスマス時期に欠かせないパネットーネがシグネチャー。定番は通年で提供。「オーナーシェフのガブリエレさんの実家の菓子店から持ってきた50年もののパネットーネ酵母で作る生地が決め手。もっちりしっとり、ふわりととろけていく。季節によっていろんな味が出るのも楽しみ」。桜と苺のパネットーネ ホール¥4,000。4月中旬までの限定。

昨年9月オープン。4分の1カットお試しサイズ¥900 も。東京都目黒区三田1−12−25 金子ビル1F TEL:03・6451・2717 11:00〜19:00 水曜休

スイーツライター chicoさん スイーツトレンドに精通し、雑誌やWebを中心にスイーツ記事の執筆や企画監修などを手がける。

※『anan』2020年4月15日号より。写真・村上未知 取材、文・鈴木恵美

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)