チョコミン党大注目!…チョコミントのお菓子11種類食べ比べレポート

毎年5月中旬ごろからよく見かける「チョコミント」味のお菓子。自称チョコミン党のライターが、店頭で見つけた11種類のチョコミントのお菓子を食べ比べ。ミント感が少なめ、普通、多めと3つにカテゴライズして紹介します。

文・小田原みみ

毎年恒例、チョコミン党の歓喜のシーズンがやってきました。5歳にしてチョコミントの美味しさに目覚めたライターが、コンビニで見つけた11種類のチョコミントアイテムを食べ比べ。紹介順に、記事下に行くにつれて、だんだんとミント感が強くなっていきます!

ミント感少な目…チョコミン党初心者さん向け


チョコミン党であれば、言わずもがなチョコとミントの組み合わせは大好きですが、そうでない方にとっては「チョコミント=歯磨き粉」というイメージがある方が多いようです。初チョコミント、もしくはチョコミントが苦手という方でも「美味しい」と感じるのではないかと思う、ミント感少なめの4アイテムの紹介です。

明治 ミントチョコレート ¥145(編集部調べ)


ベースはセミビターのチョコレートです。

このように中にミントのツブツブが入っていてほのかにスーッとします。ミント感は正直少な目ですが、さすが明治! チョコレートが美味しいので、ミント強めが好きという方でも大満足の一品です。24kcal/枚

ネスレ キットカット ミニ オトナの甘さ プレミアム ミント¥162(編集部調べ)


な、なんと! こちらの商品開発担当者は「チョコミント」が苦手だったそう。そこで、「歯磨き粉っぽい味」というイメージを払拭すべく、通常のキットカットとは違ったザクザク感や、チョコレートの風味に工夫を凝らしたとのこと。実際に、開封して口に入れる直前の印象は甘いチョコレートでした。ラム酒パウダーも配合されていて香りがよく「歯磨き粉感」は少な目です。ちなみにピーチミント味もあります。65kcal/枚

江崎グリコ ポッキー〈チョコミント〉 ¥162(編集部調べ)


こちらのアイテムの最大の特徴は、ほろ苦いカカオのプレッツェルの美味しさ。香ばしさがたまりません。ミントチョコのコーティングは? と思うかもしれませんが、このポッキーにおけるミントチョコは名脇役のような立ち位置。ポッキーという昔からなじみのあるお菓子という点もあり、初心者の方におススメの一品です。

森永 チョコ増し小枝 ¥108(編集部調べ)


定番のチョコレート菓子、小枝からもチョコミントフレーバーの登場です。通常の小枝であればミルクチョコレートの中に小麦パフが入っているのですが、こちらはミント風味チョコレートの小枝をミルクチョコレートでコーティングしています。

このようにミントチョコの比率が高いですが、コーティングのチョコレートが甘めなので食べやすくなっています。161kcal/袋

ミント感普通…チョコミン党中級者向け


続いてしっかりとミントを感じたいという方におすすめのアイテムを4つ紹介します。

正栄デリシィ チョコミントクランチ ¥138(編集部調べ)


ワッフルコーン、小麦パフ、チョコチップがミント風味チョコレートで固められ、ザクザク食感がおもしろいアイテム。キューブ型でかわいいのに、ミントのツンとした感じもしっかりと残してくれます。275kcal/袋

ブルボン ブランチュール チョコミント味 ¥140(編集部調べ)


ココアの味がしっかりとするラングドシャクッキーはビター。ミント味のチョコは甘めなのですが清涼感があり、印象強めです。225kcal/箱

不二家 LOOK 2つのこだわりチョコミント ¥130(編集部調べ)


1箱で複数のフレーバーが楽しめるLOOKチョコレートからもチョコミントフレーバーが登場。「チョコミントアイスフレーバー」と「チョコミントソフトクリームフレーバー」の2種類が楽しめます。

まず左側の「チョコミントアイスフレーバー」から。こちらはオーソドックスなチョコミント。中に入っている小さなチョコクランチのつぶつぶ食感がいいアクセントになっています。

続いて右側の「チョコミントソフトクリームフレーバー」。「チョコミントアイス」と比較するとミント感がやや強めでツーンとします。中に入っているチョコソースはミントの香りがあり、かつビター。大人な印象の一粒です。260kcal/箱

不二家 うすやきカントリーマアム(チョコミント) ¥216(編集部調べ)


うすやきということで、通常の「カントリーマアム」と比べると厚みが薄め。クッキーの甘い部分とミント感たっぷりの箇所の味のコントラストが、今回食べ比べた中で一番はっきりとしていました。

ミント感多め…チョコミン党上級者


続いてはチョコミン党上級者向けのミント感強めのアイテムを3つ紹介します。

江崎グリコ クリームコロン〈大人のチョコミント〉 ¥129(編集部調べ)


え、意外! と思った方、多いのではないでしょうか? 私自身も食べてみてビックリしました。まず開封するとチョコミントの風味もするのですが、クリームコロンのあの甘い香りがします。食べると確かにクリーミーでありつつ、ミント味なのですが、このミントのスーッというあと味がしばらく口の中にとどまります。ということで、上級者向けに推薦します。266kcal/箱

不二家 10枚サーティワンチョコレート(チョコレートミント)SP ¥140(編集部調べ)


チョコミン党であれば一度は食べたことがあるであろう、サーティワンの人気フレーバー「チョコレートミント」をイメージしたお菓子。実際のアイスもかなりミントフレーバーが強めですが、こちらもそれに劣らず強め。ブラッククランチクッキーを混ぜ込んだミントチョコをビターチョコレートで包み、大満足の一粒です。25kcal/枚

森永 ミントの白いダース ¥162(編集部調べ)


今回食べ比べた中で最もミントが強い! と感じたのがこちら。チョコレートが、ミルクかビターだとミントとの味の違いがはっきりわかるのですが、こちらはホワイトチョコレート。しかもダースのあの滑らかなくちどけなので、ミントがチョコレートと一体化しています。さらにツブツブの追いミントも入っていて、強ミントが好きな方にはたまらない一品です。21kcal/粒

チョコミン党のみなさまいかがでしょうか?


あくまでも個人的な感想でチョコミン党初心者〜上級者向けと紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 一気に実食してみてわかったことなのですが、チョコミントのお菓子は香りが「チョコ」か「ミント」かというところから始まり、そのチョコはビター、ミルク、ホワイトのどれなのか、ミントの粒は入っているのか等、さまざまな違いがあり、大変面白かったです。ミントの収穫時期である5月頃からよく見かけるチョコミント系お菓子。気になるものがあればぜひお試しください!

※ 東京近郊のコンビニエンスストアで購入した際の価格を、参考のために掲載しました。(2020年5月)

関連記事(外部サイト)