【ローソン】最新スイーツふわウマ「生ブッセ」実食レポ

2020年6月30日に「ローソン」から発売された「生ブッセ -生ブッセ(ティラミス)-」は、2020年4月に発売された「生ブッセ -生ブッセ(チーズ&カスタード)-」に続く「生ブッセ」第二弾。コンビニ利用率高め、自称コンビニ愛好家のライターが、新作スイーツの実食レポをお届けします!

文・小田原みみ

しっとり食感のヒミツは…?


生ブッセ -生ブッセ(ティラミス)- ¥200(税込)


大人気スイーツ「バスチー」を筆頭に、食感、素材、製法にこだわったローソンの「新感覚スイーツ」。そんな「新感覚スイーツ」に新たに仲間入りしたのが「生シリーズ」。このシリーズは生クリームを使用し、10度以下で陳列・販売するチルドスイーツにすることで、従来以上の「しっとり」食感を実現しています。2020年6月30日に発売されたばかりの「生シリーズ」の「生ブッセ -生ブッセ(ティラミス)-」をさっそく実食してみました!

手で持った印象は、しっとりというよりフワフワ。そして、見た目以上の重量感! 中にクリームがたくさん入っているのでしょうか?

横から見るとこのような感じ。こんもりと高さがあるので、クリーム量に期待が膨らみます。続いて気になる断面図は…

このような感じ。たっぷりのティラミスクリームの中にコーヒーゼリーが入っています。ちなみに、このコーヒーゼリーは全部で3つ入っていました。

断面図も撮れたところで実食。一番気になっていたブッセ生地は、フワフワなのに密度が高くしっとりしています。また、めくってみると…

このようにうっすらとコーヒーシロップが程よく沁みこんでいます。フワフワなだけだともっと浸透していたのかもしれませんが、密度が高いからこそこの絶妙なさじ加減が実現できたのではないでしょうか。

ティラミスクリームは濃厚で、コーヒーゼリーやチョコチップがよいアクセントとなっています(わかりにくいですが、断面図の写真のクリーム真ん中にポツっとあるのがチョコチップです)。

ペロリと食べきってしまう美味しさに加え、ブッセのフワフワしっとり感、ゼリーのプルプル、チョコチップのカリカリと、食感でも楽しませてくれるスイーツ。ティラミスが好きな方は、間違いなく満足の一品です。(170kcal)

関連記事(外部サイト)