【北海道みやげ3選】地元民が納得の“揚げかまぼこ”“バターサンド”“山わさび”

美食の大地とも呼びたくなるほど、美味しいものが溢れている北海道。札幌で食堂を営む小室千春さんは、ローカルならではの味を重視し、手みやげを選ぶそう。

北海道で育まれたローカルな味をお届け。


「誰々にこれ…という買い方よりも、出先で会った方みなさんに差し上げられるよう、小分けになっていて渡しやすいサイズ感のものを、いくつか用意していきます。『かま栄』の揚げかまぼこは、関東にある実家や、北海道出身者へのおみやげの定番。新千歳空港にあるお店で揚げたてを買うと、ほのかに温かいものを渡すことができるのがいいです。『六花亭』のバターはいいサイズ感&価格なので、いっぱい買って名刺のように渡してしまうことも(笑)。北海道の名産品・山わさびをすりおろして醤油に漬けただけという瓶詰は、働く女子友たちや、料理好きの人たちに大人気。ご飯のお供に、調味料にと大活躍します。瓶なので軽いわけではないですが、本当に美味しいので、重さなんて気になりません(笑)」

かま栄 揚げかまぼこバラエティセット


ぷりぷりで、ふわふわで…。新千歳空港で必ず買いたい一品。明治時代創業、かまぼこの老舗『かま栄』。数ある商品の中で小室さんが大好きなのは、すり身を揚げた〈揚げかまぼこ〉。「ランダムで5種類入っているのですが、一番お気に入りはひら天(写真左上)。関東に住む母に買って帰り、晩ごはんのおかずにしてもらったり」。揚げかまぼこ5種類入り(中身は日により替わる)¥1,000前後(税込み)新千歳空港店 新千歳空港国内線ターミナルビル2F TEL:0123・46・5894 8:00〜20:00 不定休  この商品は通販なし。

六花亭 十勝マルセイバタ


人気のサンドに使われているあのバターの有塩版。『六花亭』のバターサンドに使われているバターに塩を加えた有塩バター。十勝管内で生産された生乳を100%使用。「バターサンドと同じパッケージなので、六花亭ラバーには大好評。アツアツのフライドポテトにのせて食べると最高に美味です」。1箱 200g¥500(税込み)帯広本店 北海道帯広市西2条南9−6 TEL:0155・24・6666 9:00〜18:00(販売) 元日休 ほかに直営店などで販売。 電話(TEL:0120・12・6666)、FAX(0120・504・666)で取り寄せ可。

オリオン食品工業 山わさび白造り 山わさび醤油漬


北海道でわさびといえば、“山わさび”のことなんです。海外ではホースラディッシュとも呼ばれる、山わさび。爽やかな辛味は、道民の間ではおなじみの味。「山わさびをすりおろし、白醤油ベースで味付けをしたタイプと、醤油漬けにしたタイプ。どちらも非常にシンプルで、独特の辛味を満喫できます。スクランブルエッグに白造りを加えてアクセントにしたりすると、とても美味。ご飯の最後のひと口に、これをのせて食べることも多いです」。100g 各¥500 TEL:011・824・1502 道内大手スーパーなどで取り扱い。通販なし。

小室千春さん 札幌にある食堂『ごはんや はるや』のオーナーシェフ。併設された饅頭と春巻きのテイクアウトスタンド『万春や』も人気。料理人・山本千織さんの妹さん。

※『anan』2020年11月18日号より。写真・高杉 純 スタイリスト・西崎弥沙 取材、文・河野友紀

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)