簡単かわいいチョコレシピ!【混ぜて冷やすだけ】手作りバレンタイン

連載第171回目は、とっても簡単なバレンタインメニュー! 今年は、ちょっぴりビターなチョコレートと、牛乳と生クリームを合わせて、簡単チョコレートプリンを作ってみてはいかがでしょうか。ゼラチンを使うので冷蔵庫で冷やすだけで、あっという間に完成です! オーブンいらずで材料もシンプルなので、お菓子作り初心者でも楽々作れちゃうお手軽レシピですよ。

『チョコレートプリン』


【旬を味わう 美人レシピ】vol. 171

旬食材は、チョコレート!


スーパーフードとしても注目されている”カカオ”! カカオニブやカカオパウダーなど、さまざまな注目食材がありますが、一番身近なものと言えば ”チョコレート” です!

チョコレートはご存知のようにカカオ・ポリフェノールが代表的な成分。赤ワインの2倍以上も含まれていると言われています。アンチエイジング効果が期待されていて、肌の老化を引き起こす活性酸素を除去し、ストレスを緩和させる作用もあるとか。またテオブロミンという成分が、血行を良くし基礎代謝を上げてくれるそう。まさにアンチエイジングですね!

また、"Bean to Bar チョコレート" はだいぶ定着し、専門店も増えてきましたね。お気に入りのチョコレートを使って、ぜひバレンタインにリッチなチョコレートスイーツを作ってみてはいかがでしょうか。

材料はこちら!


【材料(グラス4個分)】

ビターチョコレート:60g  ※カカオ分70%程度のビターなチョコがおすすめです牛乳       :250ml生クリーム    :50ml ※今回は脂肪分47%を使用しますきび砂糖     :15g卵黄       :1個ラム酒      :大さじ1/2 ※お好みのお酒でOKです

ゼラチン     :4g冷水       :大さじ2 ※ゼラチンをふやかします

(トッピング)イチゴ      :適量生クリーム    :お好みで ※ゆるめの固さに仕上げますココアパウダー  :お好みで

まず、下準備を始めます。〜その1:ゼラチンをふやかします。


ゼラチンを冷水に振り入れふやかします。

まず、下準備を始めます。〜その2:チョコレートを細かく刻みます。


チョコレートを細かく刻みます。

※市販の刻みチョコレートを使うと手間が省けて便利です

では、作ります! 鍋に牛乳とチョコレートを加えます。


鍋に牛乳と刻んだチョコレートを加え混ぜます。

弱火にかけ、混ぜながら温めチョコレートを溶かします。


弱火にかけ、混ぜながら温めチョコレートを溶かします。沸騰させないよう気を付けながら、ゆっくりと温めましょう。

火から下ろし、溶かしたゼラチンを加えます。


チョコレートが溶けたら火から下ろします。ふやかしたゼラチンをレンジ500Wで20〜30秒程度温め溶かし、加えます。ゆっくりと混ぜ合わせ、軽く粗熱を取ります。

ボウルにきび砂糖と卵黄を入れ、混ぜます。


大きめのボウルにきび砂糖と卵黄を入れ混ぜます。

そこへ牛乳で溶かしたチョコレートをゆっくり加え混ぜます。


牛乳で溶かしたチョコレートをゆっくりと加え混ぜ合わせます。

生クリームを加えます。


生クリームを加え混ぜ合わせます。

最後にラム酒を加え、さっと混ぜます。


ラム酒を加え混ぜ合わせます。

お酒はお好みで加えてください。

グラスに注ぎます。


グラスにゆっくりと注ぎます。

冷蔵庫で冷やします。


冷蔵庫で1時間〜冷やし、固めます。

冷蔵庫から取り出し、お好みでイチゴや泡立てた生クリームを添えます。


冷蔵庫から取り出し、しっかりと固まっていることを確認し、泡立てた生クリームやイチゴを添えます。お好みでココアパウダーを散らします。

おいしさのアレンジポイント


フルーツはお好みのフルーツを添えてください。今回は脂肪分47%の生クリームを使いましたが、さっぱりと仕上げたい場合は脂肪分35%前後の生クリームを使用してくださいね。

関連記事(外部サイト)