すでに売り切れ続出!?【2021年最新版】シャトレーゼの「今しか買えない新作スイーツ」3選

毎月のように新商品が出ているスイーツ業界。なかでも、シャトレーゼは低価格でありながら、見栄えも味も優秀とあって、新作が出るたびにSNS等でにぎわいを見せています。そこで今回は、2021年1月に発売された新作ケーキの中から、特に注目度が高い「苺スイーツ」を3つご紹介します!

1、まんまる苺ケーキ…¥388(税込)


こちらの商品は、約1年前にも季節限定の商品として販売されていたもので、見た目もちょっぴりアップデートされたようです。

1月20日(水)に発売されて以来、このケーキの写真をSNSに投稿する人が増えており、「今年も出た!」と発売早々にリピ買いした方もいるようです。

この「まんまるシリーズ」は新作が出るたびに人々の注目を集めているのですが、なかでも今回の苺ケーキは格別。

整然と並んだカットケーキとは異なり、ひとつひとつのディテールとそのバランスに手作り感があり、まさに「可愛すぎて食べるのがもったいない」一品です。

苺ムースとマシュマロのしゅわしゅわとした食感の後には、ほどよい酸味の苺コンフィチュールと、しっとりとしたマドレーヌ、サクサクとしたホワイトクッキーのクランチが控えており、食べ進めるごとに異なる食感や風味を楽しめますよ。

2、濃い苺のモンブラン…¥399(税込)


こちらも従来品からバージョンアップしたもの。1月13日(水)に発売されました。

まるで二等辺三角形のようなスマートなデザインになっており、てっぺんにある大きなフレッシュ苺が目を引きます。

SNSなどを見ていると、先ほど紹介した「まんまる苺ケーキ」と合わせて購入する方も多いようです。

一般的な栗のモンブランから想像すると、山型に絞られた苺クリームの下は白い生クリームだろうと予想していたのですが、こちらのケーキには、口どけのよい練乳入りのホワイトチョコムースが控えていました。

中央に入っている苺とフランボワーズのゼリーの酸味がアクセントとなり、ケーキの全体の味を引き締めてくれます。商品名には「濃い苺」とありますが、濃厚というよりはスッキリとした味わいの苺スイーツです。

3、ふんわり苺のカップケーキ…¥259(税込)


春らしいピンク色のモフモフがたまらなく可愛いカップデザートです。

取材当日は、1軒目で購入することができず、2軒目のシャトレーゼでようやく出会えました。

ピンクのスポンジクラムに、ふわっと粉雪がかかったようなこちらの商品。

筆者はその下に山盛りクリームとスポンジ生地が来るだろうと予想していたのですが、いい意味で期待を裏切ってくれました。

中に入っていたのは、苺ヨーグルト風味のクリームと、甘さ控えめの苺の果肉。最下層からは、サクサクとしてほろ苦いココア風味のクランチが登場。

食べ進めるごとに「まだ何か出てくる!」といった発見があり、味わうときのワクワクが止まりませんでした!

いかがでしたか?

シャトレーゼのスイーツは、見た目の可愛さだけなく、おいしさも兼ね備えたものばかり。誕生日祝いや自分へのご褒美として購入し、思わず写真を撮りたくなってしまうのも納得です。

なお、今回ご紹介したものはすべて「季節限定の商品」となっています。さらに、店舗によっては「今日は入荷しない」といった事情もあるようなので、見つけたときがこれらの商品をゲットするチャンス。

また、販売終了日は明らかになっていませんが、気になる商品がある場合は、お早めにお近くのお店で確認することをおすすめします。

※レビューはすべて個人の感想です。※この記事は、2021年2月6日(土)時点での情報です。

文・野村純子

関連記事(外部サイト)