魚を食べて炎上… 「ヴィーガン」の罪と罰(KAZUYA)

魚を食べて炎上… 「ヴィーガン」の罪と罰(KAZUYA)

KAZUYA

 世の中には信念を持った食生活を送っている人がいます。

 特に最近ヴィーガンという言葉を聞くようになりました。ヴィーガンにもタイプがあるようですが、要はベジタリアンをさらに極端にしたもので、肉や魚はもちろん卵や乳製品も口にしないのです。

 根本には動物愛護の精神が存在し、動物から搾取しないという発想があります。これは一種の信仰のようになっており、極端な人になると肉を食べる人を糾弾し、肉を取り扱う店を襲撃したりします。さらにヴィーガンの夫婦が自分の子供をヴィーガンで育てようとした結果、栄養不足に陥り逮捕される事件も豪州で発生しています。勝手にやる分には構いませんが、人に押しつけるのはやめていただきたい。特に子供にそれを強要するのは……イカンでしょ。

 子供だけでなく、大人でもヴィーガニズムを実践して、健康面で問題は出ないのだろうかと以前から疑問でした。そんな折、ある事件が発生します。ヴィーガンに関連する動画で人気を集めていた海外のYouTuberが魚を口にしていたとして炎上したのです。

 チャンネル登録者は240万人を超える大物YouTuberのヨヴァナさんは、6年間ヴィーガンを実践していましたが、生理が止まり閉経前の女性と同レベルのホルモン値だったと言います。さらにカンジダ症を患い、消化器系にも大きな問題を抱えていました。そして医師の勧めもあって卵や魚を食べるようにしたところ、生理も来るようになり健康を取り戻したのです。友人が撮影していた動画にうっかり魚を食べるシーンが写って発覚したもので、見つからなければ発表することもなかったでしょう。

 ヴィーガンで検索をすると、健康になったとか痩せたとか、実践者の意見が出てきますが、ヴィーガンは健康に良くないじゃないかと疑問を持った人は多いでしょう。しかし実践している当人はヴィーガンのせいだとは認められない様子です。ヴィーガンで問題がない人もいれば、問題が出ているのに無理して続けて深みにハマってしまうこともある。ヴィーガンは信仰なので、中々やめられないんだろうなぁ。

 しかし本当は肉を食べたいのではないかと疑ってしまいます。ヴィーガン向けのレシピ等を見ると、大豆を肉のように加工して食べるなど、実に回りくどいことをしています。それならもう肉食べたらいいじゃん。

 それにヴィーガンの人が動物性の食べ物を摂取しなくても、世間の肉食や動物の虐待が止まるわけではないでしょう。だからこそ偽善的だと言われるのです。

 まぁとにかく、店を襲撃するなど過激行為をしない程度に収めて勝手にやってくれという感じで、僕には一生縁のない話です。あれは良い、これはダメとか食べるときに考えるのが面倒ですし、逆にストレスになりそうです。僕はこれからもいただきますの精神で肉も魚も乳製品もおいしく食べていこうと、新宿で牛タン定食を食べながら決意を新たにしました。

KAZUYA
1988年生まれ、北海道出身。12年、YouTubeで「KAZUYA Channel」を開設し、政治や安全保障に関する話題をほぼ毎日投稿。チャンネル登録者61万人、総視聴数は1億4千万回を超える。近著に『日本人が知っておくべき「日本国憲法」の話』(KKベストセラーズ)

「週刊新潮」2019年4月11日号 掲載

関連記事(外部サイト)