1皿でカロリー2食分も! ココイチの脅威 「食べてはいけない外食チェーン」一挙公開

外食チェーン、"超高カロリー"のメニューが多数 ココイチが脅威、サイゼリヤは優等生

記事まとめ

  • 糖尿病やがんなどのリスク上昇に絡む外食チェーンの"超高カロリー"の品々を紹介する
  • ガスト、ココス、ジョイフル、デニーズ、ロイヤルホスト、大戸屋、やよい軒を比較
  • カレーハウスCoCo壱番屋が脅威で、基準値超えが少ないサイゼリヤの優等生ぶりが際立つ

1皿でカロリー2食分も! ココイチの脅威 「食べてはいけない外食チェーン」一挙公開

■肥満、糖尿病が待つ「超高カロリー」メニュー 食べてはいけない外食チェーン(1/2)


 外食チェーンの急成長と歩を一にして、日本人のお腹が膨れ上がってきたのは偶然だろうか。供されるメニューの「塩分過多」を指摘してきた前回までに続き、今回と次回では「糖尿病」や「がん」などのリスク上昇に絡む「超高カロリー」の品々を一挙紹介しよう(以下は「週刊新潮」3月28日号掲載時点の情報です)

 ***

 33歳、健康体の映画監督が1カ月間、マクドナルドだけを食べ続けた。体重は11キロ増加。うつ傾向など様々な疾患を持つように……。

 かつて世界中で公開され大きな反響と波紋を呼んだドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」。もちろんコレ、1日3食全てマックという極端なケースだが、前回までの記事を読まれた方は笑い話で済むだろうか。カロリー、塩分、脂質過多――。これが外食チェーンの特徴だからだ。

 今回、実際に外食チェーンのメニューにおける「カロリー量」をピックアップしてみた。すると恐ろしいことに、映画が批判したファストフードよりむしろ、和食系の定食店や回転寿司店の方が高い数値を示したのである。

 ここでカロリーについて簡単に説明しておこう。

 言うまでもなく、人間は必要なエネルギーを食物から摂取している。端的に言えば、カロリーとはそのエネルギーの単位で、栄養学ではキロカロリーが標準的な単位として使われている。

 むろん朝昼晩の食事を通じて摂るべき1日のカロリー量は、性別や年齢、日常の運動レベルによって異なる。適切な値は個々の体に合わせて探ることになるが、その一助になるのが、厚労省の「生活習慣病予防その他の健康増進を目的として提供する食事の普及に係る実施の手引」だ。健康増進を目的として提供する食事は、座り仕事の多い一般男性や身体活動量の多い女性で1食850キロカロリー、同じく一般女性や中高年男性では650キロカロリー未満が目安となっている。

 もし必要以上に過剰なカロリーを摂取すれば体にどんなことが起こるのか。

 医学博士で愛知みずほ大学の佐藤祐造学長が言う。

「食事で摂ったカロリーから、体の基礎代謝や運動で使った消費カロリーを引いても余りが出れば、内臓脂肪や皮下脂肪となり体に貯まります。高カロリー食を続けると、どんどん脂肪が蓄積して体は肥満状態、いわばメタボと言われる段階に至ってしまうのです」


■日本人は太りやすい


 そもそも、日本人は太りやすいと指摘するのは、東京慈恵会医科大学客員教授で医師の阪本要一氏だ。

「欧米人と比べて、日本人はエネルギーを少しでもたくさん脂肪として蓄えようとする『倹約遺伝子』を高頻度に持っているとされています。氷河期に、ユーラシア大陸から日本列島へ辿り着いた人々が草木の根を食べ生き抜いてこられた一因とされる遺伝子で、いわば現代人は飢餓に耐え抜いたエリートですが、結果として食の欧米化の影響で内臓脂肪を多く貯めることとなった。ですから、肥満が招く三大疾患、糖尿病・高血圧・脂質異常症(高脂血症)を発症する可能性が高い傾向にあります」

 これだけではない。日本肥満学会の報告では、肥満には前述した「三大疾患」を含め11もの関連疾患があるという。ざっと挙げても痛風、冠動脈疾患、脳梗塞、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群、肥満関連腎臓病など、完治が難しい病が並ぶ。

 再び佐藤氏が言うには、

「メタボ状態が続くと、体はインシュリンの分泌量を増やします。そうなると血管の一部が分厚く膨らみ弾力性を失うことで動脈硬化が始まりますが、狭くなった血管の内壁にはコレステロールが付着し、最終的には心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす血栓の元となるプラークが発生してしまうのです。また糖尿病を発症すれば、大腸がんや肝臓がん、すい臓がんに罹りやすいと言われています」

 日本糖尿病学会と日本癌学会の合同委員会が、約30万人の男女を10年間追跡調査したところ、糖尿病患者は大腸がんになるリスクが1・4倍、肝臓がんは1・97倍、すい臓がんは1・85倍高いという結果が出た。付言すれば、国の調査で糖尿病患者とその予備軍は約2千万人。実に日本人の6人に1人が、その危機に晒されているのだ。

 まさに諸悪の根源である肥満で身を滅ぼさないためにも、日々の食に気を配ることは論を俟(ま)たない。

■たった1食で「カロリー」基準値超えの「外食」メニュー


 だが、今や日本人は食の半分を外食に頼っているのは前回までにご紹介した通り。さらに厄介なのは肥満を招く高カロリーなメニューを提供する店が多いこと。

 取りも直さず掲載の表をご覧になれば、その実態は明らかだろう。ファミレス、カレー、定食などの代表的な外食チェーンにおいて、先の厚労省が定めた基準値850キロカロリーを超えたメニューを集めてみたが、全てをご紹介できないほど数が多い。原則として各店10以内に絞ってはいるものの、千キロカロリーを超えるメニューが幾つも散見されるのだ。

 その事情を、女子栄養大学専任講師で管理栄養士の小澤啓子氏に訊(き)くと、

「本来、外食は“ハレの日”に食べる特別なものですから、家での食事よりお腹いっぱいにして満足させるためにも高カロリーになりがち。また大量に調理するためには、油で揚げたり炒めたりする単純な料理が多くなってしまいますし、安価にするために食材の質を落として、塩分や油を多用した濃い味付けになりがちです」

 表では、これまでに紹介したWHOの食塩摂取目標値(1日あたり5グラム未満)を超えるメニューにも、★をつけている。見渡せば塩分を取り上げた回と同様、カロリーも基準値超えが少ない「サイゼリヤ」の優等生ぶりが際立つ。他方、塩分の基準値超えメニューが極めて少なかった「カレーハウスCoCo壱番屋」が、カロリーでは脅威だ。「ポーク三昧カレー」は1849キロカロリー。1皿で基準値2食分を超えるカロリーを、腹に貯め込むメニューである。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年3月28日号初出/2019年5月4日 掲載

関連記事(外部サイト)