熊本地震からの復興を推進する一品!クラフトビール「マシキマム」販売

益城町から、クラフトビール「マシキマム」のプレ販売が、2020年10月30日(金)より開始になります。

クラフトビール「マシキマム」は、高級品質の柿「シンデレラ太秋」で有名な福馬果樹園と、KAM Brewingがコラボした一品です。

シンデレラ太秋柿の甘味と、柔らかい口当たりが特徴。 近年最も人気のある"HAZYスタイル=濁った"に仕上げているそう。

柿の甘味とホップのトロピカルな香りによりジューシーで飲みやすく、ビールが苦手な方でも楽しめるというクラフトビール「マシキマム」。

同商品は、益城町が今年度から創設した「にぎわい活性化補助金」を活用して作られた一品であり、商品パッケージには益城町が作成した特産品ロゴが入っており、ふるさと納税の返礼品の登録も予定されているとのことです。

益城町についてはこちら。

クラフトビール「マシキマム」について企画・製造有限会社 福馬果樹園、 株式会社 KAM Brewing販売店舗WITCH CRAFT MARKET (大津町大津 1190-1)
(有)福馬果樹園(益城町中砥川 1079-3)フレイバー柿・レモン・ベリー
レモン・ベリーは11月下旬発売予定スタイルHAZY PALEALE価格1本330ml 770円(税込)プレ販売イベントについて期間:2020年10月30日(金)〜11月3日(火・祝)
場所:イオンモール熊本(熊本県嘉島町)で行われるイベントにて出店・販売予定
イベント名:イオンモール熊本誕生 15 周年記念「まるごとくまもと収穫祭」
プレ販売時は、柿のフレイバーのみ。

関連記事(外部サイト)