年収1000万円の起業家の財布をチェック! すぐ真似できる貯め上手になるためのヒント

年収1000万円の起業家の財布をチェック! すぐ真似できる貯め上手になるためのヒント

中は驚くほどすっきり!

人のお財布は気になるもの。まして、貯め上手な人がどんなお財布を使っているのか、ぜひ知りたいですよね。そこで、年収1000万円の起業家・宮本佳実さんにふだん愛用しているお財布を見せてもらいました!

直感ですてき!と気に入って買ったという赤いエルメスのお財布。「ただお金が入ればいいというのではなく、モチベーションが上がるものをセレクト」。

 

■ お財布の中身を公開!

●現金

現金は常に10万円ほど入れておくという宮本さん。「お財布をあけたとき、豊かな感じがして気持ちに余裕ができるんです」。

●カード類

クレジットカードはプライベート用と仕事用を1枚ずつ。ポイントカード2枚と、タクシーカードが1枚、キャッシュカード3枚。

 

■ 直感を大事にして、夢をかなえるお財布

「お財布は毎日持ち歩くものだから、テンションの上がるものがいい」という宮本さんが使っているのは、赤いエルメスのお財布。レシートや領収書は専用のファイルに入れ、お財布には一切入れません。

「ぱっと開いたときにすっきり整理されている状態をキープし、気持ちよくお金を使いたい。お金に対してポジティブな気持ちでいたほうが、多く入ってくると思っています」。

新しいお財布をおろすときには、宮本さん流“おまじない”も。「お金がたくさん入っている状態をお財布に記憶させるため、一万円札を入るだけ入れて1週間ほど寝かし、縁起のいい日に使い始めます」。

 

●POINT 1 サブのカードケースを持ってポイントカードを厳選

お財布の中のポイントカードは日常的によく使うものを厳選して2枚。時々しか使わないポイントカードや、新幹線用のEX-ICカードは、サブのカードケースに。「こちらも、必ず使うものやポイントのたまりやすいものを厳選」。

 

●POINT 2 かなえたい夢をカードに書いて入れておく

お財布の中にプチ封筒を入れ、かなえたい夢をカードに書いて。「毎年、年の初めに書いていますが、年末に見直すと、夢だったことが当たり前の日常になっている場合も! お金が増えるように“種銭”として、一万円札も1枚畳んで入れています」。

サブのカードケースや夢を書いたカードなどは、すぐにまねできそう。これから新しい財布をおろす人は“おまじない”にもチャレンジしてみる!?(レタスクラブニュース)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)