【2022年版】高い電気代を節約する方法7選!

【2022年版】高い電気代を節約する方法7選!

昨年からのエネルギー価格の高騰などにより、電気代の値上がりが続いています。また、リモートワークなども進み、電気代の明細を去年と比べると、びっくりするほど高くなっているという方も多いのではないでしょうか? 電気代の節約方法について、ご紹介します。


■試してみて効果のあった電気代の節約方法を紹介します
エネルギー価格の高騰などにより、電気代の値上がりが続いています。また、リモートワークなども進み、電気代の明細を去年と比べると、びっくりするほど高くなっているという方も多いのではないでしょうか?

この値上がりは、しばらく続くといわれており、対策が必要になってきています。今回は、筆者が試してみて効果のあった電気代の節約方法を7つ、ご紹介します。


■1. 家電のつけっぱなしを減らす
家の中で、使っていないのにつけっぱなしになっている家電はないか、確認してみましょう。

・テレビ
テレビを一日中つけたままにしていませんか。観たい番組があるときに、テレビをつけるようにし、観ていないときは消すようにしましょう。

・炊飯器
炊飯器でごはんを炊いて保温したままにするのはNGです。食べるときに蒸し器や電子レンジなどで温めなおした方が節約になります。

・トイレ
温かい暖房便座はとても快適ですが、使っていないときでも待機電力が消費されています。ひやっとした便座が気になる場合は、便座カバーを使いましょう。

・照明
使っていない部屋の電気は消すようにしましょう。人がいないときには自動で消える、人感センサー付きの照明もおすすめです。また今使っている電球が切れてしまったら、次は、LED電球を選ぶといいでしょう。LEDは長持ちするので、買い替える手間も省けます。


■2. エアコンのフィルターを掃除する
エアコンはフィルターの汚れによる目づまりが原因で、効果が下がりますし、電力も消費してしまいます。夏冬のよく使う時期には、2週間に1回はフィルターを洗うようにするなど、汚れを定期的に取り除きましょう。


■3. 電気会社を見直す
電力の自由化により、ライフスタイルにあった電力会社を選ぶことができるようになっています。大手電力会社のプランよりも安い料金設定のところや、電力卸取引価格に左右されない固定料金プランの会社もあるので、見直すのも一考です。


■4. 洗濯物を外に干す
洗濯をしたら乾燥機を使わずに、天気の良い日は、外に干すだけで節約になります。また、洗濯を毎日するのではなく、まとめてするなどもひとつの方法です。


■5. ほうきで掃除する
昔ながらのほうきは、掃除機のように電気を使わずに掃除ができるアイテムです。音も静かで、気づいたときに、どこでもさっと掃除ができます。


■6. スマホの設定を見直して充電する電気代を節約する
毎日使うスマホは明るさをダウンして暗めにしたり、低電力モードに設定したりして使ってみましょう。充電するための電気代を節約できます。


■7. スマホをソーラー充電する
晴れた日に太陽があたるところに置けば、スマホを充電できるソーラー充電。太陽の力でスマホ充電でき、電気代節約に。テレワークのときなどには、スマホをベランダなどに置いて、充電してみませんか? また、防災グッズとしても役立ちます。

今回は、電気代節約方法の中から、効果があった方法7つを厳選してご紹介しました。簡単にできる、家電の使い方の見直しから行ってみるのをおすすめします。電気代の節約には、日々の積み重ねが大切です。できることから始めてみましょう。

文:野村 蘭(インスタグラマー&ファイナンシャルプランナー)

大学卒業後、共済業務にかかわり、FP技能士1級を取得。ゴミをできるだけ出さない生活をすることで、地球環境を守ることにもつながると実践。誰にでもできるエコな節約術をインスタグラマーとして発信。
(文:野村 蘭(インスタグラマー&ファイナンシャルプランナー))

関連記事(外部サイト)