NFTアートで話題になった「NFT」とは? 初心者向けに簡単にわかりやすく解説!

NFTアートで話題になった「NFT」とは? 初心者向けに簡単にわかりやすく解説!

NFT(エヌエフティー)とは何なのでしょうか。NFTの定義を暗号通貨との違いから紐解き、アートやゲームなどのその用途や、投資対象としての側面についてわかりやすく解説します。


■NFT(エヌエフティー)とは何?
NFTとは「Non-Fungible Token」の略で、日本語では「非代替性トークン」と訳されます。これはブロックチェーン上で管理ができるトークンの1つであり、NFTとデジタル資産を関連付けることで、デジタル資産の所有者や取引履歴の管理/追跡を可能にします。

NFTとは何かを理解するためには、まずブロックチェーンの内容やNFTと暗号通貨との違いを理解する必要があります。以下ではまずNFTの背景となるブロックチェーン技術や暗号通貨について解説します。


■ブロックチェーン技術と暗号通貨
ブロックチェーンは仮想通貨(暗号通貨)を実現するために開発された技術です。

暗号通貨は、デジタルネットワーク上に存在する資産です。ブロックチェーンが開発される前は、「悪意のある人間がネットワーク上のデータを複製・改ざんする」「ネットワーク管理者が自己都合でサービスを終了・改悪する」という可能性が考えられました。

一方、ブロックチェーンは、自律分散システムと呼ばれ、全ての参加者が自律して取引履歴をコピーし続けています。サービス提供者であっても記録されたデータの消去や改ざんはできず、参加者が自身の取引履歴を消すこともできません。

ネットワーク参加者全員が管理するネットワークのため、改ざんは事実上不可能となります。

このブロックチェーン技術によって暗号通貨は安全に利用ができます。


■暗号通貨は代替性トークン
ブロックチェーン上で管理される暗号通貨には代替性トークンの技術が使われています。代替性とは、現金のように交換が可能であるということです。

例えば、財布の中に複数の100円玉がある場合、それらは区別されず、どれを使っても問題がありません。つまり現金も暗号通貨も代替性があると言えます。


■NFTは非代替性トークン
一方、NFTは、ブロックチェーン上で管理されますが、暗号通貨とは異なり区別可能な識別子を持つため、相互に交換することができません。

デジタルデータは本来は複製可能なものですが、NFTは識別子(所有権や取引記録)を含むことで、デジタルデータであるにもかかわらず「唯一無二」になるということです。


■NFTによってデジタルデータが資産価値を持つ
NFTによってネットワーク上のあらゆるデジタルデータが資産価値を持つようになりました。その代表例がNFTアートです。

NFTアートとはデジタルアートの一種です。デジタルアートとはコンピュータを使って作られたアート作品のことです。

デジタルアートはデジタルデータとして記録されますが、通常、デジタルデータは容易に複製・拡散が可能です。そうなるとアート作品に不可欠な唯一性(ただ一つしか存在していないこと)が保証されません。

そのためNFT以前はデジタルアートはアート作品として売買の対象となっていませんでした。

しかし、上記のようにNFTはデジタルデータに唯一性を与えることができます。NFTアートはデジタルデータでありながら、アート作品としての価値が保たれ、作成者/所有者の履歴が追跡可能になり、従来のアート作品のように高額で売買されることが可能になりました。


■NFTの用途
NFTの技術はアート以外にもさまざまなコンテンツに適用されています。

▼オンラインゲームNFTによってゲーム上のデジタルデータに資産価値を持たせることが可能になりました。プレイヤーはゲームの中でアイテム、土地、アバターなどを獲得し、それを他のプレイヤーと交換したり、マーケットで暗号資産に換金したりできます。

他にもキャラクターのレベルアップ、クエストへの参加、トーナメントでの勝利など、オンラインゲームでのユーザー同士のやり取りを収益化する仕組みがオンラインゲームに導入されつつあります。

▼NFT音楽これまでの音楽データはAppleストア等のプラットフォーム上で売買されたり、サブスクリプション購入することが主でした。それらの音楽データはコピーであり、オリジナルと言えるものは存在していませんでした。

一方、NFT音楽は「世界で唯一の音楽データ」を証明可能であり、コピー作品とは区別することが可能です。そのため高額で取引される例もあり、例えば故ホイットニー・ヒューストンの初期のデモ音源がNFT音楽としてオークションで約100万ドル(約1億2000万円)で落札された例があります。

▼トレーディングカードNBA Top Shotとは米国プロバスケットボールリーグであるNBAの選手のプレーをテーマにしたトレーディングカードゲームです。実物ではなくデジタルカードであり、選手の好プレーの動画が組み込まれています。

NFT技術が導入されているため、カード所有者はそのデータのオリジナルを持つことになります。そのため、通常の物理的トレーディングカードのように、カードはデジタルデータでありながら資産価値を有することができます。

▼TwitterのツイートTwitter社を起業したジャック・ドーシーの「世界初のツイート」のNFTが約290万ドル(約3億円)で落札されました。Twitterのツイートもデジタルデータですが、NFTによってオリジナルなものであることを証明できます。


■投資対象としてのNFT
上記のようにNFTは高額で取引されることがあります。デジタルデータにそこまでの大金を支払うメリットがあるのか疑問に思う人もいると思います。これにはデジタルデータが資産価値を有することによって、デジタルデータを投資対象として扱う投資家が増えている側面もあります。

つまり現在の価格よりも将来的に価格が上昇することを見越しているということです。

特にNFTアートは取引のためのマーケットプレイスが増えており、投資先としてNFTアートを考える人が増えています。

投資となるとそこには詐欺のリスクがあることに注意しなければなりません。詐欺の手口としては以下が考えられます。

・有名クリエイターの作品をコピーする
・NFT化されていない作品を第三者が無断でNFT化して販売する
・著作権に違反しているNFTを販売する

これらの手口に引っかからないために、クリエイターの公式サイトを確認する、安全性の高い(例えば国内の)マーケットプレイスを利用するなどでリスクを減らすことができます。

また、NFTに関しては法整備が十分に整っていないというリスクも考慮する必要があります。現状、日本の法律はデータのような無体物に対して所有権を認めていません。トラブルが起きた際に所有権が保護されるかどうかが法的に明確に定まっていないことを理解しておく必要があります。

しかし、NFTへの投資には良い側面もあります。

これまでデジタル作品の所有権の帰属先は明確ではなく、クリエイターは収益化の方法について悩まされてきました。しかしNFTの登場によってデジタル作品には資産価値が見いだされ、それに伴ってクリエイターに利益が還元される仕組みができました。

NFTの市場が投資とともに広まることにより、クリエイターやアーティストがこれまで以上に支援され、それによって私たちの生活を豊かにしてくれるアートや作品がさらに生み出される可能性が広まったといえます。
(文:福田 正人(インターネットサービスガイド))

関連記事(外部サイト)